ブランドメッセージ

10年、20年、30年と長い年月を暮らす家には、そこに住む家族だけの思いが込められ、ともに、豊かに歳を重ねた証が刻まれていきます。その証こそ、私たち北洲の考える”グッド・エイジング”です。

時を経て、なお、美しい家。

数百年もの時を重ねたヨーロッパの古い街並みを歩いていると、思わず立ち止まってしまうほど美しい風景に出会うことがあります。それは、森や河や公園といった自然美ではあリません。もっとあたりまえで、もっと身近で、もっと温かなもの。

百年を越える建築物たちが一体化してつくりあげた、街並みそのものの美しさです。その美しさは、一朝一夕に生まれたものではありません。彼の地には、家を大切な財産として、何世代にもわたって受け継いでゆく文化があります。こうした背景のもとで家は建てられ、少しずつ街並みとして成長し、時を経た今なお、訪れる人の胸を打つ美しい風景となるのです。


もちろん、私たちが暮らす日本にも、ものを大切にする文化は継承されています。スクラップ&ビルドの時代を超え、ストック社会へと移行する、これからの住まいづくりに大切なことは、歳月に負けない家を建てること。そしてそれを、きちんと手入れしながら住み続けること。
--よい住まいは、年を経るほどに美しくなる。

それが北洲の「グッド・エイジング」という考え方です。人と自然にやさしく、何世代にもわたって受け継がれ、大切にされる家。 劣化するのではなく、豊かに年を重ねた証が刻まれることで、その価値も、住まう人の愛着も増してゆく住まい。 北洲は、世界共通の良い住まいづくりを目指しています。