北洲ハウジング60周年記念

信頼を繋ぐ7つの力

家づくりの理念を、具現化するために。

北洲では、「サポート」「設計」「コーディネイト」「資材調達」「技術」「施工」「研究開発」の7つの力を有機的に結び、高度に機能させ、私たちが考える最上の理想の住まいをつくりあげていきます。
お客さまと二人三脚の設計プランニングコーディネイト、ヨーロッパから直輸入の資材調達、高性能を追い続ける技術・施工。100年先を見据えたお付き合い、住まいの未来を見つめる研究開発、そのすべては、お客さまが求める住まいのために。一邸一邸に、北洲の総合力が宿っています。確かに、鮮やかに。

サポートチーム

家づくりの理念 ✕ 7つの企業力 ✕ 本物の住まい

1.安心サポート

ご入居後の住まいに関するご質問や不具合については、<GAS(グッドエイジングサポートセンター)>がすみやかに対応。子々孫々と住み継ぐためにはメンテナンスが欠かせません。長く愛着を持ってお住まいいただくためのご提案を。アフターメンテナンスから本当のお付き合いが始まります。

2.独自の「継承品質」設計

外観・居住空間・間取りを三位一体で美しく融合させる。北洲独自の<三次元設計>で、空間本来がもつ開放感や親密性などを加味し、住まいづくりにアプローチします。 継承品質のひとつである<自立循環型住宅設計ガイドライン>を一邸ごとに採用。自然エネルギーと省エネルギー技術を有効活用し、快適性と低炭素を追求する住まいづくりを行います。

3.トータルコーディネート

理想の住まいを実現するために。住まいの間取りや外観デザインはもちろん、外構・植栽計画などの庭設計、インテリア、生活デザインまでの<トータルコーディネイト>を行います。 細部までお客様の暮らしにフィットする住まいづくりのために、専門スタッフが、お客様の生活スタイルとご要望をお伺いする「暮らしインタビュー」を実施。細やかなところまで快適な暮らしをデザインします。

4.世界最高品質の探求

北洲がこだわり続ける高性能住宅の実現のために。北洲総合研究所がヨーロッパ全土の市場とトレンドをウォッチし、効率的な資材調達を行っています。

5.最高水準技術

世界のスタンダードを、日本の住まいに。「2×4工法」から、風土・気候に合わせてさらに進化した、信頼性の高い<2×6工法>が、北洲の標準仕様です。 2×6工法が実現した、追随を許さない高気密・高断熱性。厳しい性能審査におけるQ値(熱損失係数)およびC値(相当隙間面積)は、<業界最高水準>をマークしています。

6.良質管理施工

厳格な品質管理のもと、<自社生産工場で製造したパネル・構造躯体>を使用。設計から施工まで一貫した体制のなかでこそ、高性能住宅が生まれると北洲は考えます。 施工力が問われる断熱・気密・換気の工事は、<専門業者>が手掛けます。また、北洲と協力業者会の強固な信頼関係が、ていねいな家づくりの礎となります。(※宇都宮・埼玉を除く)

7.さらなる快適性の実現

■ 1993年、(財)建築環境・省エネルギー機構主催<第一回省エネルギー住宅賞・建設大臣賞>を受賞。北洲のたゆみない努力と取り組み、卓越した技術力が認められた瞬間です。
■ 2005年、資材メーカー等30社とともに「サステナブルハウスプログラム研究会」を発足させ、各分野の研究者による先進技術を導入した実験住宅を完成させました。東北大学による実測検証が行われ、<IAQVEC2007>(建築における空気質・換気・省エネルギーに関する国際会議において報告されました。
■ 2009年、ゼロエネルギーへの研究開発の成果のひとつとして<A1モデル>(現E1の前身)を発表ほか、NPO法人環境エネルギー技術研究所のメンバーとして蓄電池の実験を行うなど、低炭素社会の実現のために、北洲のゼロエネルギーの研究はこれからも続いていきます。