北洲ハウジング60周年記念

住む人の健康と快適を追求する「北洲基準」

北洲ハウジングは、住まいの本質は「家族が健康で快適に暮らせること」だと考えます。
独自に北洲の家づくり基準を「北洲基準」として定め、お客様の健康・快適実現を目指します。

北洲基準は、(1)健康、(2)快適、(3)エネルギー、(4)経済性 について定めています。

(1)健康

健康基準:室内温度差が少ない
  • 室内の上下温度差3℃以内にします。
  • 冬の寝室温度は快眠できる18℃前後に調節します。
  • 居室ごとの温度差は5℃以内とし、住む人や建物自体の負担を減らします。

(2)快適

快適基準:輻射暖房
  • 不快な気流感のない輻射式暖房で室温22℃での暖房設計をします。
  • 空気を直接暖めるのではなく面(床・壁)を暖め、体感温度で暖かさが感じられるようにします。

(3)エネルギー

エネルギー基準:暖房エネルギー消費量を、改正省エネ基準1/4以下を目指します。
  • ※改正省エネ基準:エネルギーの使用の合理化等に関する法律による住宅・建築物の省エネルギー基準です。

(4)経済性

経済性基準:長寿命・資産価値の下がらない家づくり
  • コストのバランスを考慮して資材選定。メンテナンス及びランニングコストの削減を図ります。
  • 発電・蓄電設備は日進月歩。将来の変化に容易に対応出来る備えが重要です。

※間取りや建築規模、採用設備により効果の違いがあります。