北洲ハウジング60周年記念

【カナダ視察】 ⑦住宅事情

2015年02月06日

7.DSC01537

 

カナダでは経済成長と中国等からの移民による人口増で、住宅需要が増加しています。住宅購入の年齢層は、①65歳以上、②25~34歳、③35~44歳の順に多く、特に35~44歳の増加率が大きくなっています。

 

そんな中、日本で考えると驚くほど広い、延床面積が平均400㎡もある大きい家(600㎡以上)と小さな家(3層として1階または地階を貸す)の二極化になってきており、環境を配慮する事も最近のトレンドの様です。

 


前へ                                            次へ