北洲ハウジング60周年記念

【エコナウォール25】 ③蓄熱の仕組み

2015年07月23日

エコナウォールはどうやって熱をためるのでしょう?

いよいよ、その秘密に迫ります。

 

エコナウォールの中には、熱をためる事が出来る、

小さなカプセル(写真の蓄熱粉末)が入っています。

その大きさは1~10μm(マイクロメートル)。

1μmは1000分の1mmなので、ものすごく細かいカプセルになります。

 

3-1
 

さらに、このカプセルは蓄えた熱を吸収したり、はき出したりする事が出来るので、

その仕組みを利用して、エコナウォールの温度が一定に保たれているのです。

ちなみに、付随している「25」という数字は、基準の温度を表していて、

25度を超えると吸熱、25度以下になると放熱する仕組みになっております。

 

3-2
 

実はこの技術、医療分野でも使われていて、

血液や医療品を一定の温度で運ぶ事に役立っております。

 

温度を一定に保つ技術、カプセルが室温を一定にしようと頑張るから、快適に暮らすことができるのです。

 


前へ                                            次へ