北洲ハウジング60周年記念

【北洲基準の暖房:輻射暖房】1.熱の伝わり方

2015年09月25日

暖房について、数回にわたり、北洲ハウジングの考え方(「北洲基準」)をご紹介いたします。

 

1.熱の伝わり方

 

熱の伝わり方は、「伝導」「対流」「放射(輻射)」の3種類に分類できます。
東京大学の前先生の言葉を借りると、「伝導」はパンチ。「対流」はボール当て。「放射(輻射)」はレーザーのイメージです。

 

直接触れて熱が伝わる「伝導」がわかりやすいですが、住宅内で体がモノに接触するのは足裏などのごく一部しかありません。しかし、直接あたれば強力なパンチとなりえます。

 

「対流」は空気や水のような媒体がたくさんの小さなボールのようなモノにぶつかりながら、エネルギーを伝えるものです。離れたものの間で熱のやり取りが可能となります。

 

「放射(輻射)」は、前の二つと違い、モノを必要としない。まさに、レーザービームのような伝わり方です。