北洲ハウジング60周年記念

【プレミアム・パッシブ・ハウス -PPH-】 ⑳暮らしとプラン その2

2017年03月13日

退屈しない暮らしというのも住宅プランの中にあると思います。

 
玄関までの少々長いアプローチ、玄関を開けた時見える小さな庭、抑制された廊下、扉を開けた時に開放感が感じられるリビングとその先にある庭。 戸建て住宅である以上敷地全体をプランする事が重要だと考えています。PPHの2階は寝室としての機能を主としています。なるべく部屋にこもらず1階で過ごす時間を大切にしたいからです。2階の各部屋はベッドと机がおける程度の大きさであり、天井は屋根なりに傾斜しています。傾斜天井により室容積は減り冷暖房負荷の軽減になります。又、高さ1.3m程度の壁は就寝時に落ち着きを与えてくれます。2階には家族が集まれる書斎がありますので、読書や趣味の時間を共に過ごしてほしいと考えました。

 

 


前へ                                            次へ