北洲ハウジング60周年記念

【外皮性能】 ①性能評価基準の変更

2017年05月06日

次世代省エネ基準での性能評価は、平成25年省エネ基準より平成11年度省エネ基準のQ値(熱損失係数)の代わりに、UA値(外皮平均熱貫流率)になりました。UA値とは、住宅の内部から外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値をいいます。外皮とは屋根、天井、壁、床、開口部のことです。基本的な考え方は同じで、どちらも数値が小さいほど断熱性能が良くなります。なぜUA値かというと、Q値では同じ床面積でも複雑な形状の住宅では、床面積に対して外皮面積の割合が大きくなり不利になるなど数値にばらつきが多いため、住宅の規模・形状による影響を受けにくいUA値を採用したということです。
 

 
Q値=単位温度差あたりの総熱損失量 ÷ 床面積
UA値=単位温度差あたりの総熱損失量 ÷ 外皮表面積の合計
 

また、建物全体の省エネルギー性能を評価する一次エネルギー消費量での評価基準も導入されました。