北洲ハウジング60周年記念

【BAU2017視察】 ③換気扇

2017年07月01日

日本の法律では、住宅には24時間運転ができ、居室のサイズ(面積・天井高さ)によって必要能力が異なる換気扇の設置が義務付けられています。換気による熱ロスを少なくするためダクト式の熱交換型換気扇が今までは主流でした。しかし、今回の視察では熱交換型ではありますが、ダクトレス(ダクトがなく壁に取り付ける)タイプが多くのメーカーより出展されていて、ダクト式がほとんどありませんでした。これは、欧州をはじめとする各国も新築だけではなく、リフォーム・リノベーションにシフトしてきている事も要因ではないかと感じます。

 
 

 

ダクトも日本ですと円形ですが、少しでもスペースを有効にするための楕円形(扁平型)のものもあり、壁の中や床下を通すとのことでした。

 

 


前へ                                            次へ