北洲ハウジング60周年記念

【外観デザイン】 ③純粋な”かたち”

2017年12月23日


※海外の写真
 
建物をカッコよく見せるコツのひとつに、
純粋な”かたち”に分解して考える。
ということがあります。
 

 
図のように純粋な三角と四角のように分けて考える。
ということです。
そうすることで、”かたち”自体が自立して見えます。
それだけでデザインとして、
あるいは構造として成り立つということです。
また、外観を考えながらプランがしやすくもなります。
 

 
純粋な”かたち”に分解できないものは、
曖昧でとらえどころのない”かたち”となってスッキリとしません。
つまり、カッコ悪い。
ということになりがちです。

 
ほかにも、純粋な”かたち”に分解して考えることで、
複雑なかたちも単純に考えることができます。
ときに、複雑さは大きく、またカッコよく見えるという効果もあります。
これからも、美しい”建築をめざして”。


前へ