2014年01月11日

地鎮祭です。工事中の安全を祈願いたします。

庭にあった、お母様の思い出の木を残すことにしました。

いよいよ基礎工事スタートです。

基礎の土台となる部分を作ります。

2014年02月11日

基礎工事スタートです。ベタ基礎の鉄筋の組み立てが完了しました。

非常に細かく鉄筋を配置しています。建物の基礎になります。検査もしっかり行います。

鉄筋の間隔に問題がないか細かくチェックしていきます。

夏と冬では養生期間が違います。養生期間を十分に取り、型枠をはずしていきます。

玄関廻りのコンクリートを流し込みます。

基礎工事完了後、足場を組立ててから、土台を設置していきます。土台は防蟻、防腐処理された材料を使います。

床下の断熱材を隙間なく丁寧に敷き込んだ後に、厚い合板を貼っていきます。

1階の壁をクレーン車を使い組み上げていきます。品質と精度の高い自社工場生産パネルです。パネル組立ては約3日で完成します。天候の良い日を選んで進めていきます。

2014年04月24日

フレーミング工事が完了しました。雨にあたらないように養生していきます。ここまで約3日の日程でした。

内部の断熱工事です。14cmの断熱材を隙間なく充填していきます。施工は断熱専門の職人さんが行います。

断熱が終わり、気密シートを隙間無く張っていきます。壁の中に室内の湿気が入らないようにします。

再び、大工さんが入り、造作工事のスタートです。まずは石膏ボードを張っていきます。構造、耐火下地になる部分ですのでしっかり施工していきます。

キッチン前には、アクセントのサーモウッド(板張)を施工します。サーモウッドとは、熱と煙で処理した特殊な木材です。反りなどの変形が少ない材料です。サウナにも使われる材料です。

階段の造作です。手摺があると、安全に、楽に上り下り出来ますね。

太陽光発電システムの施工が終わりました。瓦一体型です。断熱性能の高い住宅なら、太陽光発電システムなどの設備をより生かす事が出来ます。

アルセコ外張り断熱の施工です。厚さ8cmの断熱材(アルセコ)を施工していきます。充填断熱の14cmとあわせ、断熱の厚さは22cmになります。

断熱材の上に下塗り、仕上げをしていきます。

アルセコ外張り断熱工事が終わり、仕上げも完成しました。いよいよ足場の解体です。

足場の解体が完了し、全体が見えてきました。
街並みに溶け込む、シンプルで飽きのこない外観に仕上がっています。

ちょっと見切れてしまいましたが、東側に大きく張り出た庇も特徴です。庇の下はワンちゃんのスペースです。

玄関から内部を見たところです。広い玄関が奥行きを感じさせます。

玄関脇のシューズルームです。棚を多く作り、靴や外用の物を収納できるスペースです。ご家族の出入りはこちらを利用することで、玄関が煩雑にならずに済みます。

広々としたリビングからキッチンを見ています。キッチン前のサーモウッドが全体を引き締め床の三層フロアー(バーボンオーク)が味わいのある仕上げになっています。

キッチン脇には食品庫を設けました。1帖分ですが非常に重宝します。

ご両親様の和室です。タタミはヘリの無いモダンな仕上がりになっています。

和室と続き間でご両親の寝室があります。日当たりのいい場所に設けています。

階段部分です。

浴室です。洗濯物も干せるようにランドリーパイプも付いています。

2F洋室です。各部屋に大容量の収納を設けております。

2Fフリースペースです。家族の書斎として使えるように本棚を充実させています。

無事完成しました。これから庭造りが楽しみです。