2015年07月27日

今回はお施主様の熱心な土地探しから敷地が決定しました。市街化調整区域でしたので開発許可の必要な土地でしたが、申請も滞りなく完了し、無事着工を迎えることができました。

もともと畑だった土地もご覧の通り!造成完了です!役所の検査とお施主様との配置立会、近隣挨拶を終え、工事スタートです。

まずは基礎工事です。建築場所の土を堀削し、砕石を敷いていきます。その上からしっかり転圧を行い、湿気を防ぐ防湿シートを張ります。

シートを張り終えたら、配筋を組んでいきます。写真上の小さなポツポツはスペーサーと呼ばれる、鉄筋のかぶり厚さを確保するための材で、等間隔に配置します。地道な作業かもしれませんが、長期にわたって快適に暮らせる住まいづくりには欠かせない作業です。

基礎が完成し、フレーミング工事(建て方)が始まりました。
まず土台、床組みを行います。

ちょっとだけ強面な大工さん(笑)、でも猛暑の中、一所懸命お家を建てていて、経験の少ない私に対しても親切に建て方について教えてくれました。これぞ職人肌ですね。

床に断熱材、床合板を敷き、壁を立てます。大工さんに見惚れている間に、建物の全景が見えてきました~。

屋根工事中です。瓦は一枚一枚とても重いので、瓦上げ機で屋根まで上げます。

見て下さいこの大空間!平屋の魅力ですね。ゆったり生活が送れそうです。
次回は内部工事の状況をお伝えします。