2016年09月19日

お施主様にご協力いただきまして、けんちく日記スタートいたします!

今回はご実家の建物を解体してからの着工スタートです。
築35年を迎え、味わいが出てきておりましたが、ついに新しい家と生まれ変わる時がやってきました。

こちらの建物はお施主様のお父様が設計したものだったそうです。
リビングには暖炉もあり、とても素敵な建物だったので、壊してしまうと考えると非常に寂しいですね…。

解体した後につくられる建物は、この模型のようになります。
福島市飯坂の展示場をイメージしてつくられた、大屋根の建物となります。

解体がスタートいたしました。
解体は1ヶ月くらいの月日をかけて行われます。

解体が終了し、敷地が更地になりました。
地盤調査をしたところ、地盤補強は必要なし。あとは工事が始まるのを待つのみとなりました。
着工するのが待ち遠しいですね。

そしてついに、着工となりました!

まずは、基礎工事・配筋工事からスタートです。

基礎のコンクリートは配筋工事を行ったあとに流し入れます。

配筋工事が終了しました。第三者機関の検査を受け、無事に合格いたしました。
安心してコンクリートを流しいれることが出来ますね。
次は基礎工事の続きからお伝えして参ります。

2016年11月06日

配筋工事が終了しましたので、コンクリートを流し入れて固めていきます。
養生期間を経て、ついに、建物の要となる基礎が完成しました。

次にフレーミング工事を進めていきます。
工事を進めるため、まずは足場を組んでいきます。

こちらは、上の写真から5日後の様子です。あっという間に足場が組みあがり、床、壁、屋根と出来上がりました。

ここまで出来上がると、家の形が見えてきて、楽しみがより一層増しますね。

こちらは内部の写真です。壁内にMIRAIEという制震装置が入っていて、繰り返し起こる地震に備えます。

さて、フレーミング工事が完了し、屋根の瓦まで葺き終わりました。

ここから、外壁工事と内部断熱工事が進んでいきます。
お客様への「工事をさせていただきます。」という感謝の気持ちを忘れず、引き続き進めて参ります。

まずは外壁工事です。こちらのお客様は「暖かい家にしたい!」「断熱気密を重視した家にしたい!」ということで、「充填断熱」と「外張り断熱」のダブル断熱をご採用いただきました。

こちらが外側につく断熱材です。厚さ8cmもあります。暖かい家になりますように…。

内部も工事は進んでおります。断熱材が壁いっぱいに施工されました。
さて、次回は造作工事からお伝えしていきます。

2017年01月12日

今回は造作工事をお伝えしていきます。
玄関を入ってすぐ、アクセントとしてRのついた開口を2箇所つけ、その間にステンドグラスをつけました。
ステンドグラスは、奥様が打ち合わせを進め、オーダーメイドで作っていただいたそうです。
奥様こだわりの空間となっています。

また、玄関には手摺も設けました。
お母様と一緒にお住まいになるので、少しでも負担なく、生活しやすいように工夫を凝らしています。

こちらはリビングの天井です。
化粧梁がついています。実は、今回取り壊しとなったご実家のリビングにも、化粧梁がついておりました。新しく生まれ変わろうとしているお住いにも同様に梁をつけ、リビングで体を休めながら、木のぬくもりを感じられるようになっております。

外部にはポーチ柱がいくつかございますが、そちらを支える金物は北洲オリジナルのクローバー型のものにしました。
可愛らしいですね。

外部も内部も工事が進み、もう少しで完成です。
次回は、完成したお住いの様子をお伝えいたします!

2017年04月20日

「深い軒によって生まれる外でのひととき」、今回の投稿が最終回となります。
どのようなお住まいが完成したのか、お伝えしていきます!

タイトルにある通り、建物の南側に「深い軒」をつくりました。今回解体したお住まいにも、同じような空間として縁側がありました。新しいお住まいでも、この軒下の空間で、お母様がお庭を眺めながらゆっくり休めるようになっております。

では、引き続き内部をお伝えいたします。
リビングダイニングとキッチンをひと繋がりにして、開放的な空間にいたしました。天井部分には、コーブ照明という建築化照明をつけ、リビングでくつろぎながら、あかりも楽しめるようになっています。

キッチンは対面型にして、ご家族と会話しながら料理が出来るようにしました。
また、可愛らしいペンダントライトを2箇所つけ、手元を照らせるようにしました。

こちらは、リビングの吹き抜けです。
天井には化粧梁でアクセントをつけました。また、2階にあるお子様のお部屋に飾り窓を設け、ご家族間のコミュニケーションも取りやすいようにしました。

主寝室は、テレビを置いたり、作業できるようにしたカウンターをつけ、ビジネスホテルをイメージした空間に仕上げました。

以上で、けんちく日記は終了となります。掲載にご協力いただいたお施主様、誠にありがとうございました!
今後、このお住まいとともに、ご家族が幸せな思い出をたくさん作っていけますように…。