2017年06月16日

こんにちは! 栃木県芳賀郡市貝町より、新しい建築現場をご紹介いたします。
ご協力いただいた御施主様、誠にありがとうございます!

今回ご建築される場所は、緑あふれる自然豊かな場所です。
どのような家が出来るのか楽しみです!

こちらは、完成イメージです。
特徴的な大きな三角屋根、白い外壁タイルと黒いサイディングのコントラストが印象的です。
周囲の緑ともマッチして、自然溢れる素敵な佇まいのお住まいになりますね。

こちらが内観イメージです!
開放感溢れるリビング、そして存在感のある薪ストーブが特徴となっています。
素敵な空間ですね!

今回、ご建築する土地は調査によって地盤改良が必要となりました。地盤改良とは、家の安定性を保つために地盤を強くする工事のことです。
大切な家を守るために、北洲ではHySPEED(ハイスピード)工法を採用しております。

HySPEED工法とは、セメントなどの固結材を一切使わずに、砕石という天然素材だけを利用して軟弱地盤を改良する工法です。
この工法の代表的な特徴としては、土壌汚染・地下水汚染ゼロがあげられています。
こちらは地面を掘り、天然砕石を入れている場面の写真です。

地盤改良が終わりましたら、次は基礎工事となります。建物を支える、
大事な工事となります。

次回の建築日記では、基礎工事のご紹介となります。お楽しみに!

2017年07月14日

こんにちは!今回のけんちく日記は、北洲ハウジングの基礎のお話です。

北洲は標準でベタ基礎工法を採用しています。ベタ基礎とは立ち上がり部分だけでなく、底板一面を鉄筋コンクリートとなっている基礎です。地面全体をコンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気の防止にもなります。

きれいな基礎に仕上がるよう捨てコンクリート打ち、基礎の底盤が出来上がりました。この下には防湿シートが敷かれており、地面からの湿気をシャットアウトします。湿気を防ぐことはシロアリ対策にも効果的です。
次に強度確保に鉄筋を敷いていきます。
配筋工事が終わると社内検査と第三者による検査を行い、合格するとコンクリートを流しいれることが出来ます。無事に合格となりました!

立ち上がり部分の型枠を組み、コンクリートを流しいれます。
写真はコンクリートを養生して固めている場面です。
段々と、基礎が出来上がってきました!

型枠を外すと、基礎の全景が見えてきました。
お風呂場や土間などの必要箇所には基礎の断熱材を敷いています。コンクリートから伝わる冷気を防ぎ、結露が起こらないようにしています。
この後、養生を行い基礎の完成となります。

基礎工事が終わりますと、フレーミング工事となります。次回のけんちく日記はフレーミングについてお伝えいたします!

2017年08月05日

こんにちは!フレーミング工事のお話しです。

フレーミングとは、構造体を組み立てる工事のことです!
快晴の中、工事がスタートしました!

床、壁、屋根と、工場で作られたパネルを専門の職人さんたちが素早く、丁寧な工程で組みあげていきます。

クレーンを使った工事は、見応えのあるシーンです!!

北洲は2×6工法で、2×4工法より約5センチ厚い構造材を使用しています。
厚みが多くある分、最も荷重のかかる外周の耐力壁の構造が骨太になり、耐力性を高めています。また、より厚く断熱材を施工することが出来ます!

2×6工法は、その2×6材の枠組みに構造用合板を張りつけた壁を「面」で構成して建物を支えます。
「面」で建物を支えることにより、地震や台風などの力を建物全体に分散して地盤に逃がします。

大きな三角形の屋根が組み立てられ、煙突も出来ました!
フレーミング工事の終わりです!

次は断熱・気密工事となります。
快適な暮らしには欠かせない、とても重要な工事です!北洲はどのような工事をしているのかを、次回お伝えいたします!