2018年01月21日

皆様こんにちは。奥州市からお届けする建築日記スタートいたします。

こちらは完成予定のダイニングキッチンのパースです。キッチンと食卓が横に並ぶレイアウトで家族みんなが集まってきます。
ダイニングの一角に設けたカウンターも大活躍の予感がします。

解体予定のご実家です。
想い出が詰まった旧家に感謝しつつ新居への期待が膨らみます。

完成予想外観パースです。
大屋根と赤い陶器瓦がポイントです。バルコニー下の凹部分も居心地良いスペースとなる予定です。

解体工事も無事完了し、地鎮祭を経て工事に着手いたします。

最初に遣り方(やりかた)と呼ばれる、木枠で建物周囲を囲む作業を行います。
これは建物の正確な位置と基礎の高さを示すためのものです。
測定しながら作っていき、基礎工事の終了後に取り除かれます。

2018年02月01日

基礎工事が始まり、鉄筋が配置されました。
このあと型枠組み後、コンクリートを打設いたします。

こちらは現場に納品された断熱材。基礎断熱部分に使います。シロアリが断熱材へ侵入するのを妨げる処理がされています。
南極基地で40年以上も前から使用されている実績があり、ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)に人体や動物に無害なホウ酸系化合物を用いて作られています。
成分の自然分解がないため防蟻効果は持続します。

どのように使用するかと言いますと・・・

こちらはユニットバスの床下です。コンクリートを囲むように密着させ施工します。
玄関室・シューズルーム床下にも使用します。

建物コーナー部分の長いボルト。
建築日記ではおなじみになりましたホールダウンアンカーです。
地震などで建物に水平力がかかったとき、壁がずれないようにするために基礎・土台と壁を緊結します。

ここで、お知らせです。
2月19日から25日の間開催される「暮らしの大展覧会」、岩手県では、滝沢市・奥州市の2邸を公開致します(奥州市は構造見学会)。
ぜひ、ご来場下さい。

詳しくは、
https://www.hokushuhousing.co.jp/models/exhibition/tours6/iwate/
からどうぞ!