PREMIUM PASSIVE HOUSE

日本の常識が世界の非常識

日本の省エネ住宅は、
必ずしも断熱性が高く、
快適な住まいとは言えません。

日本の住まいを「省エネ=快適」へ

東日本大震災の電力需給の逼迫やエネルギー価格の不安定化等を受け、住宅におけるエネルギー自給自足の関心が高まっています。
この様な背景から日本では、2020年の新築住宅における省エネルギー基準の適合義務化や、新築戸建の過半数のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)(※1) 化を目指すエネルギー基本計画など住宅の省エネに対する様々な施策が行われています。
しかし残念な事に、現在の省エネ基準は最低限の基準値となっており、ZEHにおいては、断熱性向上や省エネ設備、発電設備の設置で達成できる基準ですが、特にどれかを優先させている訳ではないので、必ずしも断熱性が高く快適な住まいになるとは限りません。

一方で、欧州諸国はどうでしょう・・・
温度差が無い為健康にも寄与する、エネルギー消費量を抑えるといった温熱環境の設計を重要視した、断熱ファーストの家づくりが行われています。
省エネかつ快適、さらには、温度差が無い為健康に寄与する、そんな理想的な住まいが建築されているのです。

日本の住まいを省エネ=快適にしたいという思いから、北洲は快適な住まいを提供し続けております。

※1 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス):「快適な室内環境」と、「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅(経済産業省の定義)

北洲基準からプレミアム基準へ・・・

家中どこでも暖かく、
健康で快適な暮らしを実現してきた北洲。
プレミアムパッシブハウスの時代へ。

これから目指すべき住まいとは

断熱性能を向上させる事でエネルギー消費量を抑え、快適で健康な暮らしを最優先にした住まいを普及してきた北洲は、これからのあるべき住まいを追求するため、環境負荷の低減、経済的負担の削減、資産価値の維持という観点で、北洲基準に「ZEH Ready40」「Fuel Poverty0」「Asset Value30」という3つの達成基準を盛り込み、商品開発・設計提案を行なってまいります。
技術の粋を結集したプレミアムパッシブハウスでは、室温を一定に保つ働きをする内装材エコナウォール25や、メーカーと共同開発を行なったパッシブフェンスター、世界最高の性能を誇る無機系断熱材SLENTEX® (※2) を採用。断熱性能は業界トップレベルのUA値0.23W/㎡Kを実現し、機械設備に頼りすぎず、健康で快適に暮らすことのできる温熱環境を実現します。

※2 SLENTEXは、無機系断熱材の中で世界最高水準の性能を有する断熱材です。
(2016年10月時点、BASF社調べ)

建築だけで実現できる省エネルギー

過度に機械設備を使った生活ではなく、
断熱・蓄熱・遮熱を通じた、
建築による純粋な環境負荷の低減。

ZEH Ready 40

建物の外皮性能(断熱性)を高めることで、省エネルギーを実現します。住宅版BELSの最高等級「★★★★★」ではBEI 0.8(※3)以下としていますが、その半分0.4以下となるように設計し、住宅において消費するエネルギーを大幅に削減します。
太陽光発電設備を搭載することでZEH基準をクリアする性能を有していますが、搭載しなくても十分な省エネ効果を持ちます。

※3 BEI:設計一次エネルギー消費量/基準一次エネルギー消費量(その他のエネルギーを除く)

燃費の良い家は老後に笑顔をもたらす。

生活費に占める光熱費を抑えるため、
高齢化社会を支える年金支出を基準に、
経済的負担を削減。

Fuel Poverty 0

環境先進国が多いヨーロッパの中でも、厳しい条件のイギリスにおいては、年金(収入)の10%以上が光熱費「Fuel Poverty(燃料貧困)」と呼ばれ、光熱費の負担が多くなってしまう為、問題視されています。
北洲では5%以下(※4)となるようにエネルギー設計を行い、リタイア後も光熱費に悩まされずに豊かな暮らしが送れる住まいを提案します。

※4 モデルケース(夫婦二人、厚生年金+国民年金)にて試算

いつまでも、美しく快適に。

少し先の考えられる範囲ではなく、
将来の省エネ効果まで考慮した、
資産価値が続く住まい。

Asset Value 30

一般的に持ち家は光熱費に加え、設備交換などの維持費が、年々必要になると言われています。
長期に渡り省エネ効果が持続する素材を採用することにより、30年後においても価値が下がらず安心して快適に暮らせる住まいを提案します。