PREMIUM PASSIVE HOUSE

日本の常識が世界の非常識

日本の省エネ住宅は、
必ずしも断熱性が高く、
快適な住まいとは言えません。

日本の住まいを「省エネ=快適」へ

東日本大震災の電力需給の逼迫やエネルギー価格の不安定化等を受け、住宅におけるエネルギー自給自足の関心が高まっています。
この様な背景から日本では、2020年の新築住宅における省エネルギー基準の適合義務化や、新築戸建の過半数のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)(※1) 化を目指すエネルギー基本計画など住宅の省エネに対する様々な施策が行われています。
しかし残念な事に、現在の省エネ基準は最低限の基準値となっており、ZEHにおいては、断熱性向上や省エネ設備、発電設備の設置で達成できる基準ですが、特にどれかを優先させている訳ではないので、必ずしも断熱性が高く快適な住まいになるとは限りません。

一方で、欧州諸国はどうでしょう・・・
断熱性能を格段に向上させる事で、エネルギー消費量を抑えるといった温熱環境の設計を重要視した、断熱ファーストの家づくりが行われています。
省エネかつ快適、さらには、温度差が無い為健康にも寄与する、そんな理想的な住まいが建築されているのです。

日本の住まいを省エネ=快適にしたいという思いから、北洲は快適な住まいを提供し続けております。

※1 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス):「快適な室内環境」と、「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅(経済産業省の定義)