燃費の良い家は老後に笑顔をもたらす。

生活費に占める光熱費を抑えるため、
高齢化社会を支える年金支出を基準に、
経済的負担を削減。

Fuel Poverty 0

環境先進国が多いヨーロッパの中でも、厳しい条件のイギリスにおいては、年金(収入)の10%以上が光熱費「Fuel Poverty(燃料貧困)」と呼ばれ、光熱費の負担が多くなってしまう為、問題視されています。
北洲では5%以下(※4)となるようにエネルギー設計を行い、リタイア後も光熱費に悩まされずに豊かな暮らしが送れる住まいを提案します。

※4 モデルケース(夫婦二人、厚生年金+国民年金)にて試算