お知らせ

天然木の素材感を活かした大屋根デザインZEHの新展示場が3月12日に宇都宮でオープン

2016年03月10日

天然木の素材感を活かした大屋根デザインZEHの新展示場が3月12日に宇都宮でオープン

 

CRTハウジング宇都宮 総合展示場西会場 新展示場

 

木の質感を強調させた大屋根デザインのZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の新展示場を2016年3月12日、CRTハウジング宇都宮 総合展示場西会場にオープンします。

 

今回オープンする新展示場のデザインは、時代を越えて受け継がれてきた、ヨーロッパの街並みを連想させる大屋根デザイン「Alsace(アルザス)」シリーズに、外張り断熱外壁に相性の良い天然木材を使用し、より縦のラインを強調した外観デザインを取り入れました。さらに、建築化外構として、室内と庭の繋がりが良くなるウッドデッキをプライベート性が保たれる目隠し壁で囲む事で、室外も快適に過ごせる提案を行っております。

 

性能面では、充填プラス外張りのダブル断熱による外皮性能と屋根に搭載した太陽光パネルでZEHを実現。外皮平均熱貫流率UA値は、平成25年省エネ基準値である0.87 W/m2K を大きく上回る0.32W/m2Kで、HEAT20(2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)が提案している外皮性能グレードにおいて最高の「HEAT20 G2」に該当いたします。

 

CRTハウジング 宇都宮総合住宅展ページはこちら