北洲ハウジング60周年記念

お知らせ

断熱・蓄熱・遮熱技術を採用した実証住宅『プレミアムパッシブハウス』を仙台市に建設 ~快適・健康・省エネの視点から、東北大学と協働で環境測定を実施~

2016年10月28日

20161028a

「プレミアムパッシブハウス」完成予定パース

 

株式会社北洲は、最新技術の粋を集め、快適・健康・省エネを実証する住宅「プレミアムパッシブハウス」(以下PPH)を、2016年10月31日(月)より宮城県仙台市泉区紫山に建設します。

 

当社は、省エネルギーに加え、住宅の本質である居住者の「快適・健康」を最優先した住まいの普及を目指しています。PPHでは、機械設備に過度に頼ることなく、建築的な観点である「断熱」「蓄熱」「遮熱」を通じて理想の温熱環境を実現します。断熱には、世界最高水準※1のBASF社(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン、CEO:クルト・ボック)製の無機系断熱材「SLENTEX®(スレンテックス)」などを使用することで、業界トップレベルの断熱性能であるUA値(外皮平均熱貫流率)0.23W/㎡Kを実現しています。また、室温を一定に保つ働きをする潜熱蓄熱内装塗り壁材「エコナウォール25」や、冬期日射取得と夏期遮熱を兼ね備えた窓「パッシブフェンスター」を採用します。

 

日本では、経済産業省が2020年までに新築戸建住宅の過半数でZEH※2を実現することを目標に普及に向けた取り組みを行っています。他方、世界的にはドイツのパッシブハウスやスイスのミネルギーハウスなど、日本よりもはるかに厳しいエネルギー基準が存在し、断熱性の向上を主とした建物全体における温熱環境が重要視されています。

 

当PPHの性能評価は、快適性・健康性・経済性・省エネ性の観点から「ZEH Ready40」「Fuel Poverty0」「Asset Value30」という3つの達成基準を元に行ない、環境負荷低減に加え、長期視点での経済的負担の低減と、資産価値を維持できる住まいをお客様に提供します。竣工後は、東北大学と協働で温度や消費電力などの環境測定を行ない、2017年1月に構造見学会を、3月には完成見学会を実施する予定です。

 

※1 SLENTEX®は、無機系断熱材の中で世界最高水準の性能を有する断熱材です。(2016年10月時点、BASF社調べ)
※2 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス):「快適な室内環境」と、「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅(経済産業省の定義)

 

■ PPHサイト
http://www.hokushuhousing.co.jp/lp/passivehouse/

■プレスリリース
http://hokushu.net/press/20161028-001.html