北洲ハウジング60周年記念

快適さにこだわり抜いて辿りついたのは、住まいに守られて、冬でも裸足で過ごせる暮らし。

2016年12月16日

岩手県北上市 Nさま邸

雪のちらつく冷たい風が、本格的な冬の訪れを告げた北の地で。ドアを開けて中へ入った途端、そこは春のような暖かさ。この暖かさが、Nさまご家族が何よりも望んだものでした。

「関東出身の私にとって、この地域の冬の寒さは想像以上のものでした。それに、もともと北国育ちの妻にとっても、以前の家は寒くて暖房効率も良くありませんでした。子供たちもこれからどんどん大きくなることだし、暖かくて広い家に住もう、と新築を決めたんです」

二世帯6人のご家族が集うリビングダイニングは、ガーデンに向けた大きな開口部と高い吹き抜けを擁した開放的な造り。階段下には段差を設けた畳のスペースがあり、ご兄弟にとっては最高のプレイルーム兼お昼寝スポットに。

階段下の畳スペースは、壁に黒板材を貼ってお絵かきも楽しめるように。

階段下の畳スペースは、壁に黒板材を貼ってお絵かきも楽しめるように。

このリビングダイニングを中心に、玄関から、書斎やユーティリティーに活用できるホビールーム、キッチンそして2階のスタディルームやホールまでが、扉を介さずオープンに繋がる大空間となっています。

リビングの手前には、アールの開口を設けたホビールームが。書斎に良し、収納にも良しのオールマイティーなスペース。

リビングの手前には、アールの開口を設けたホビールームが。書斎に良し、収納にも良しのオールマイティーなスペース。

「どこにいても、家族の声や気配が感じられるのがいいですね。書斎や子供たちの勉強部屋も、扉で塞ぐスタイルにはしたくなかった。それでいて、どこにいても暖かい。この家に暮らすようになってから、主人は冬でも半袖に裸足で過ごしてるんですよ」

開放的な大空間と、その空間をあまねく満たす暖かさ。北国生まれの『北洲ハウジング』にとって、それは住まいづくりのトップテーマです。

冬暖かく、夏涼しい。暖房・冷房効率の良さも、大切にしたい。それこそが、快適な住まいの条件。ご主人さまが現役医師、奥さまが元看護師でいらっしゃるNさまご夫婦が最もこだわったこの条件にかなったのが、『北洲ハウジング』のアルセコ外断熱システムとエコナウォール25でした。アルセコは、断熱材から表面材まで、80㎜の厚みで室内環境を守りながら、その層全てが水蒸気を透過させ、外部に湿気を逃してくれるので、日本の気候にベストマッチ。加えて内壁の塗り壁材であるエコナウォールが太陽熱や夜間冷気を蓄えて室内環境を快適な状態にキープ。「以前よりうんと広くなったのに、電気代はほとんど変わりません」というNさまの実感が、その効果を物語っています。

「冷暖房は最低限で、家の中は年中快適ですよ。もともと塗り壁の風合いが好きだったので、デザイン的にもエコナウォールは理想的な素材でした。

エコナウォールの塗り壁にシンプル・モダンな照明の光が落ち、美しい陰影を描きます。

エコナウォールの塗り壁にシンプル・モダンな照明の光が落ち、美しい陰影を描きます。

アルセコは耐火性にも優れているし、プランナーさんが提案してくださったスクラッチタイルとのコーディネートも、とても気に入っています。それに、太陽光発電システムを採り入れているので、電気代に悩むことなく、地球にも家計にもエコな暮らしができています」

Nさま邸の屋根に採用されたのは、瓦一体型の太陽光パネル。艶のある瓦の美しさを損なうことのないデザインです。

基調色であるフレンチロースト・ブラウンは、フロアだけでなく階段の部材や2階の居室のドアまでトータル・コーディネート。1階の天井にはホワイトパイン材を使用。築2年目の現在は、まだ色合いは明るくカジュアルで、賑やかなNさま邸内の雰囲気にぴったり。これから月日を重ねるとともにゆっくりと色づいてゆき、10年後には廻縁に配したフレンチロースト・ブラウンと同化、落ち着いた印象のリビングダイニングへと変わっていくのでしょう。

2階には、ご夫妻とお子さまたちの寝室の他、セカンドリビング兼プレイルーム兼コレクションルームと、ロフトのような段差のあるスタディルームをオープンスタイルで。

ふたりのお子さまが並んで勉強や読書に向かえるスタディルームは、明るさも十分。

ふたりのお子さまが並んで勉強や読書に向かえるスタディルームは、明るさも十分。

古地図柄の壁紙や、まるでアマルフィーの海のような深いブルーグリーンのロールスクリーンをアクセントに配し、それぞれに個性ある空間となっています。

スタディルームは、リズミカルな印象のウッドフロアに白い壁、挿し色にブルーグリーンのロールスクリーンを配して。

スタディルームは、リズミカルな印象のウッドフロアに白い壁、挿し色にブルーグリーンのロールスクリーンを配して。

吹き抜けの開放感は、2階のセカンドリビングにも。プレイルーム&コレクションルームとして家族みんなが大好きな空間に。

吹き抜けの開放感は、2階のセカンドリビングにも。プレイルーム&コレクションルームとして家族みんなが大好きな空間に。

部屋みたいな収納スペースは、子供もお気に入りみたいです。男の子ふたりなので、おもちゃの量もすごいんですよ。壁一面に造り付けてもらったシェルフが、とてもいいコレクションスペースになっています」

お子さまたちが遊ぶ庭には、真っ赤に色づいたクラブアップルの若木。オフホワイトの壁にスクラッチタイル、大屋根を配したモダン・デザインに、とてもよく似合っています。十分な快適性とデザイン性、そのふたつを美しく両立する、理想の北国の暮らしがここに息づいています。

お子さまたちが駆け回って遊べるスペースと花壇、シンボルツリーであるクラブアップルなどを美しくデザイン。

お子さまたちが駆け回って遊べるスペースと花壇、シンボルツリーであるクラブアップルなどを美しくデザイン。

間取図

間取図