北洲ハウジング60周年記念

Weimar [ワイマール] Series

現代人の感性を満たす、洗練と新感覚をコーディネートしたスタイリッシュモダンデザインです。
素材の良さを引き出し、清新な生活をイメージさせる“かたち”といえます。

コンセプト

シャープな印象のモダンタイプ。スタイリッシュな生活をイメージをさせる軽快なデザインです。

装飾的なものをなくし、シンプルな線と面でつくられる明快な建物は普遍的な造形美で、時間とともに人を魅了する。立体そのものが重なりあったり、ずらしたりすることにより生まれる中間。そこは、新鮮な感覚に満ちあふれ、いつの時代も変わらぬ、住むことの心の豊かさをつくります。

外観・インテリア

陰影を強調したヨーロッパの窓デザイン
北欧やドイツのトレンドを取り入れた3つのアーキテクトウィンドウが建物に変化を与え、外観をより印象的に演出します。


内と外を一つに繋なぐ空間が、暮らしに余裕をもたらす。
以前の日本の住宅には、縁側という内と外との間の空間を大切にする考え方がありました。この『間』の考え方を現代風に解釈し、室内と外を緩やかにつなぎアクセスしやすくすることで、余裕を感じる居心地と楽しさが生まれます。

室内と連続する中間領域「アウターリビング」
大きくせり出した軒天井とフレームに囲まれたの外リビングです。フレームによって囲まれた空間は、内でも外でもない中間的な落ち着いた空間になります。室内側から外との繋がりが感じられるよう、軒天井の高さは室内と同じ高さにしています。
季節の良い時は外での食事なども楽しめますし、雨を楽しむ事も出来るようになります。

LEDによる調色、調光機能を生かした「ホライゾンライト」
天井面を柔らかく照らす間接照明が、光と影による美しい水平線を作り出し、家族で寛ぐリビングに落ち着きと安らぎを演出します。

陰影を強調したヨーロッパの窓デザイン
直線で構成されるオーソドックスな”かたち”を基本に、大胆に振り出された円弧を描くラウンドウォールと、タテに伸びるバーチカルラインの構成です。

時間を豊かにするものは、本物のてざわりでした。

目指したのは、くつろぎのリゾートホテル。
時代を先取りしたような、やわらかなラウンドを描く外観が新鮮な[ハウゼシリーズ・ワイマール/2006]が目指しているのは、洗練されたリゾートホテルのような住まい。現代人の感性を満たす新感覚のデザインやアイデアがふんだんに盛り込まれています。

特に印象的なのは、曲線を描くラウンドフォルム。2層のラウンドウォールと横方向の片流れヴォールト屋根の組み合わせが新鮮な印象をつくり出しています。東面と西面で半径を変えた渦巻きのようなかたちをもとにデザインされたラウンドウォールが、玄関に立ったお客様をポーチへと誘います。

外観のスタイリッシュなデザインは、インテリアにももちろん生かされています。ワンルーム構成の開放感に満ちたリビングには、やさしい曲線を描くラウンドデザインを採用。曲線が醸し出すやわらかな空気と、スタイリッシュモダンなインテリアが、くつろぎの時間を演出します。

さ、金曜日はパーティを。
この家に流れるモダンでスタイリッシュな雰囲気は、くつろぎの空間にも継承されています。8畳の和室には、前室、広縁、床の間といった日本の伝統的なしつらえを採用することで、格調高い空間に仕上げています。さらにホワイトアッシュの格子戸や大理石の壁などを採用することで、和と洋を融合させた凝った空間を形成しています。

また、2面の大きな窓から光が差し込むリビングルームは、複雑に入り組んだ3層の吹き抜けとなっており、まるでミュージアムのような佇まい。極上のくつろぎの中で、住まいの美を堪能できるスペースとなっています。

外観がラウンドウォールを取り入れた個性的なフォルムとなっているように、間取りにもさまざまな個性が発揮されています。中でも注目したいのは、1階のダイニングまわりです。 ダイニングを中心に、その周囲にリビングやファミリーラウンジ、サンルームやテラスを配したオリジナリティあふれる間取りは、ホームパーティに最適。

まずリビングでお客さまをお迎えしたら、ダイニングへご案内してお食事。その後はファミリーラウンジやテラスに場所を移して、食後のコーヒーをゆっくりとお楽しみいただくようになど、ホームパーティが自然な彩で展開できるよう工夫されています。

現代に則した新しい「和風」
踏み込み広縁を備え、中庭を楽しむリゾートホテルの客室の豪華さが感じられるモダンな和室

仕様

レリーフウィンドウ

レリーフウィンドウ

パノラミックウィンドウ

パノラミックウィンドウ

リボンウィンドウ

リボンウィンドウ

ラウンドウォール

レリーフウォール

バーチカルライン

スタイル

Weimar SeriesはE1とHAUZEスタイルがあります

北洲のスマートハウス E1 Energy Conscious

北洲ハウジングの最高グレード省エネ性能基準E1は、将来のエネルギー対策を意識した、エネルギーを上手に効果的に「つくる」「つかう」「ためる」、エネルギーの時給自足を目指した住まいです。

E1 [イーワン] を見る


北洲のヨーロピアンテイストの家 HAUZE European Conscious

本物だけが時を越え、国境さえも越え、美しい伝統となる。伝統的な建築様式は永い年月の間に磨かれ、価値を持ち、生き残る…。ヨーロピアンテイストのHAUZEは、時の試練をくぐりぬけた伝統の動かない価値、その意味を確かに理解し、今に再現した家です。

HAUZE [ハウゼ] を見る


プランコンセプト

建築化外構

庭を囲む暮らし。
建築と外構の一体デザイン化されたプライベートガーデン。

建築化照明

美しいあかりのある暮らし。
建築と同化して生まれる美しいあかり。
あなたの暮らしをワンランク上の上質感で包みます。

参考プラン

TYPE.AT

TYPE.P

実例紹介

  • シンプルデザインにこだわった家

    シンプルデザインにこだわった家

  • 高断熱・高気密住宅のメリットを活かした仕切りの少ない開放的な家

    高断熱・高気密住宅のメリットを活かした仕切りの少ない開放的な家

  • 白を基調としたアーバンデザインのお住まい

    白を基調としたアーバンデザインのお住まい

HAUZE Weimar AT カタログ請求