床材(三層フロア)

暮らしを刻む、美しい木の話 ~三層フロア~

やわらかな感触、穏やかな色彩。無垢の木の風合いがもたらす心地よさは、はるか原始のころから、ひとの心と身体に刻みこまれているのかもしれません。北洲ハウジングでは、ヨーロッパ駐在スタッフと協力しながら、無垢の素材をつかった三層フロアを展開しています。時を経るごとに、味わいを増す。暮らしとともに、美しく成長する。無垢の美との暮らしを、はじめましょう。

三層フロアの特徴

1940年代に北欧にて開発された三層フロアは、現在ではヨーロッパのみならず世界全土で使用されています。北洲ハウジングでは、10年以上も前から独自に輸入を行い、豊富な採用実績があります。

1. 材の狂いが少ない
2. 床暖房対応 三層フロアは木の繊維方向に対し、互いの板を直交に3枚張り合わせた3層構造です。無垢の単板に比べ狂いが少なく、無垢材のデメリットを解消した床材です。3層構造で材の伸び縮みを軽減しているので、床暖房に対応しています。※フロアの表面温度が27℃を超えない場合
3. 接着剤、釘等をほとんど使わない 三層フロアは置き敷き方式により、接着剤や釘をほとんど使わずに施工できます。接着剤を使わないのでより健康的です。※スプルスのみ実部分に接着剤を使用しています。


バーボンオーク ~深い色合いとアンティークな質感~

オーク材にアンモニア処理を施し、バーボンのような深い色合いに。アンティークな質感は、塗装ではないので、何度削っても蘇ります。

古材風の化粧梁と、不均一な色合いの自然石とのコーディネイト。バーボンオークのごつごつとした質感と色ムラは、ヨーロッパの古い納屋のような雰囲気を醸し出します。(仙台長町展示場)

つやがなく、マットな仕上がりのバーボンオークフロアーは、見た目だけでなく、素足での足触りも最高です。(同展示場)

シャンパンオーク ~上品な淡いシルエット~

オーク材に浮作り、白塗装処理を施した床材。淡いシルエットは上品で個性的な空間を創りだします。

ホワイトアッシュでつくられた階段手摺は、同じくシャンパン色。当社オリジナルのエイジング加工が施された造作材と、アンティーク風の床材の組み合わせは、明るいながらもどこか落ち着いた雰囲気に。(仙台長町展示場)

ナチュラル系で明るい印象のシャンパンオークの床材は、子供室におすすめです。家具は、オークやアッシュ、パイン材を合わせて。(同展示場)

オーク ~世界中で愛される美しい木目~

世界で愛されるオーク。人気の秘密はその美しい木目と耐久性にあります。幅広で高級感あふれる仕上がりです。

スカンジナビアンナチュラルの定番ともいえるオークフロアー。実は北欧家具だけでなく、和素材・和テイストとの相性も良く、タタミコーナーともさりげなく馴染みます。(宇都宮インターパーク展示場)

やわらかな木の風合いと、硬い塗り壁は相性がよく、互いに鎮めあって安定します。(旧・名取展示場)

ウォールナット ~落ち着いた色合いと独特の気品~

世界三大高級銘木のひとつ。固く耐久性があることから、高級家具材としても使用されています。

北欧家具や同素材の家具との相性は抜群。インテリアは飾らずにシンプルな白壁にすると、ぐっと存在感が増します。(郡山展示場)

自然な色むらが特徴のウォールナット。その独特の色合いは、クラシックテイストの家具と合わせることで、高級感あふれるインテリアになります。(さいたま展示場)