薪ストーブのある山荘風の家

茶系のタイルの目地が白いため、ヨーロッパのレンガ積みの家を思い起こさせます。長くあきのこない外観です。

床面積 44.26坪(146.32㎡)
敷地面積 132.96坪(439.54㎡)
工法 2×6(ツーバイシックス)工法
所在地 栃木県
施工年 2006年

【リビング】リビングの薪ストーブは見た目だけでなく、実際に暖房器具としても充分に活躍します。断熱性能が高いため、これだけで暖房をまかなえる程です。

【その他】壁のアクセントはケンコートの塗り壁ならではの味わい。手作りの暖かみが伝わってきます。木製ルーバーのブラインドとも、とても良くマッチします。

【その他】2階ホールよりバルコニーの木製手摺りが見えます。ぬくもりのある日差しが差し込んできます。