総タイルで大きな吹抜けのある家

総タイル仕様で、タイルはスクラッチタイル(縦ラインの入っているタイル)を使用し、より落ち着いた雰囲気に仕上がりました。

床面積 66.11坪(218.56㎡)
敷地面積 120.19坪(397.33㎡)
工法 2×6(ツーバイシックス)工法
所在地 栃木県
施工年 2006年

【外観】複雑な外壁線が庇をたてたような役割をし(ブレイズ・ソレイユ)、夏の直射日光を遮る効果があります。

【キッチン】対面キッチンでリビングとのつながりをアール型の塗り壁で演出しているのが特徴です。

【リビング】上部の大きな吹抜けにより、開放感と明かりを取り入れられるのがポイントです。

【洋室】2階のホールは非常に明るく広いスペースになっており、特に側面にあるサッシ部分まで歩けるスペースがポイントです。

【キッチン】キッチンとリビングの間に階段を作る事により、家の中での人の流れが分かる配置になっています。

【リビング】リビング南面が全面ガラス張りになっているので非常に明るく、開放感を演出する最大のポイントになっております。