照明やアンティーク建具・・・年月とともに味わいの増す住まい

奥様がひと目ぼれした北欧スタイルの外観デザイン。新居で暮らすようになってから、ガーデニングも楽しまれているそうです。

床面積 37.23坪(123.34㎡)
敷地面積 67.03坪(221.61㎡)
工法 2×6(ツーバイシックス)工法
所在地 埼玉県
施工年 2008年

照明やアンティークの建具など奥様の「好き」が詰まったインテリア。白木の床材・天井の梁が年月とともに深い味わいに。

リビング階段の採用で、自然に生まれる家族のコミュニケーション。階段の先には窓があり、明るく階段の上り下りが安心です。

キッチン脇には、奥様が趣味の裁縫を行う家事室を設置。小窓でリビングとつながっている。

珪藻土の塗り壁でふわっとした温もりに包まれる。アーチの垂れ壁やステンドグラスの埋め込み、ニッチとの相性は抜群。

塗り壁仕上げのニッチ。センスの良い小物が彩りを添える。