木陰の涼しさを創る。「外付けブラインド」は、注目の「遮熱」装置です。

最終更新日:2021年09月04日

住宅は一度建てたら簡単には壊せないもの。途中でリフォームもできますが、費用と手間がかかります。新築時に、快適性を”建築のチカラ”=8つの性能で叶えることが、いつまでも変わらない安心につながります。

今回はこの8つの性能を「断熱・気密・遮熱・蓄熱・空気質・換気・調湿・安全」に分けて、わかりやすくお話します。

 

石戸谷 裕二
室内気候研究所 主席研究員
工学博士

石戸谷いしどや 裕二ゆうじ

PROFILE ▼

2007年 北海道職業能力開発大学校教授に就任
2013年 室内気候研究所 主席研究員に就任
札幌ドームなど大空間の環境設計に多数参画

大きく枝を広げた広葉樹。夏は葉が勢いよく茂り、秋には落葉して見晴らしが良くなる。

自然に恵まれた敷地では、広葉樹の木陰を利用した伝統的なパッシブ「遮熱」法が用いられてきました。現代社会では、残念ながらこのように恵まれた敷地環境を得ることは非常に困難になりましたので、広葉樹に代わる建築技術を開発する必要が出てきたのです。

 

 

世界中で注目されているのが、電動の「外付けブラインド」

今回は最新の「遮熱」技術の利用方法について考えていきましょう。

(写真)広葉樹を利用したパッシブ「遮熱」は魅力的だけれど(室内気候研究所)

 

環境先進国ドイツでは「外付けブラインド」が新常識に。

「脱炭素社会」の構築を目指して、急速に進化を遂げる環境先進国ドイツ。

厳しい環境規制の導入に伴って、大きなガラス面を採用した建築には、電動の「外付けブラインド」を設置することが常識になってきました。

 

「外付けブラインド」は、夏の過剰な日射侵入を調節する「遮熱」装置としてばかりでなく、室内からの眺望や外部環境との連携を維持しつつ、プライバシーを確保する手段としても、高性能住宅では広く活用されています。

もちろん防犯効果も高く、マルチタスクの建築設備として評価が高まっています。

 

(写真)フランクフルト住宅展示場の、ガラスハウスのブラインド。(室内気候研究所)

 

直達日射を完全に遮蔽できる「外付けブラインド」の「遮熱」効果。

日本でも増えてきている「外付けブラインド」の導入事例を見てみましょう。

 

「外付けブラインド」の巻き上げと展開などの調整は、室内から電動操作で簡単に行うことができます。

ブラインドを下ろす位置、羽根(スラット)の角度も無段階で調節が可能ですから、その日の天候や気分に合わせて、自由に調節しながら自然の眺望を楽しむことができるのです。

 

日本でも、「外付けブラインド」の設置事例が増えています(設計・施工:北洲ハウジング_プレミアムパッシブハウス)

 

 

 

ブラインドの調節は気分次第。天候に合わせた日射遮蔽が可能です。

朝は「外付けブラインド」を目一杯開けて外の新鮮な空気を吸い込み、お出かけ前にはブラインドを展開して暑さと防犯の対策をしておくことで、一日中安心して快適な生活することができますね。

明るさや眺望を犠牲にしないで、効果的に「遮熱」できる「外付けブラインド」。(設計・施工:北洲ハウジング_プレミアムパッシブハウス)

 

 

 

 

日射遮蔽タイプの「遮熱網戸」なら、換気もできて安心安全。

家庭内でできる感染症対策として推奨されているのが窓空け換気。「遮熱」しながら、窓開け換気ができる「遮熱網戸」が注目を集めています。

 

大屋根のヒサシや外付けブラインドが設置できない場所でも、「遮熱網戸」はとても効果的。窓ガラスを含めた遮熱効果はほぼ70%と、暑さ対策の効果が実証されています。

 

ウィズコロナ時代の生活をサポートしてくれる「遮熱網戸」に注目ですね。

※遮熱網戸メーカーの社内測定の結果より。

(写真)遮熱網戸の設置例。(設計・施工:北洲ハウジング_プレミアムパッシブハウス)