建築士とともにつくる住まい

建築士とともに、理想の住まいを創る。

私たちが心がけているのは、そこに暮らす家族が心から求める住まいを創り出すこと。
オーダーメイドで仕立てた洋服に手を通す感覚のような、あなたの暮らしにフィットする家をデザインします。

そのためにも、営業× 建築士× インテリアコーディネーターがじっくりと時間をかけて、お客さま一人ひとりのご要望をお伺いし、“言葉では表現が難しい想い” まで受け取ります。

自分の暮らしを、大切な家族の毎日を、そして新しい住まいへのこだわりを、私たちに気兼ねなくお教えください。

私たちが、お客様の想いをカタチにします。

写真:営業 佐藤 寛晃

絶対に失敗したくない住まいづくり
成功に導くカギは、お客様と一緒に
『暮らし』を考えること。

営業 佐藤 寛晃

お客様に最初にお会いした際に、「住まいづくりは何から進めればいいのかわからない」というお声をよくいただきます。

そこで私が意識してお聞きしているのは、皆さんが「住まいで叶えたいこと」についてです。
どんな暮らしをしたい?どんなことをして過ごしたい?どんな場所で?誰と?
お客様の具体的なイメージをお伺いしながら、展示場などをご案内させていただきます。

新居のイメージがまだない方でも、たとえば、休日に何をして過ごしているかをお聞きします。すると、皆さんくつろぎ方は様々で、『お住まいで叶えたい暮らし』のヒントをお聞きすることができます。

図面を起こす前に、そういったことをより詳しくお聞きすることで、なにより、これまでの生活の延長のようでいて、よりフィットするお住まいを建てていただいていると感じます。
お部屋の畳数など変更をしながら、間取りを何度も修正したからといって、
良い住まいが叶うとは限りません。

実際に、ご担当したお客様からは、
「朝起きてから出勤するまでの動線がスムーズで使いやすい」
「友達を呼んでキッチンのバーカウンターでお酒を楽しく飲める空間ができてよかった」
「階段の位置で悩んだが、子どもができて家族の気配を感じる空間と開放感でよかった」
など、生活してみての感想をいただきます。
叶えたいポイントを皆で話し合ったからこそ、
大満足の住まいになっていると、つくづくと実感します。

暮らしについてお客様と一緒に考えていくことが、家づくり「成功」のカギ。お客様の日々の幸せにつながる住まいをご提案させていただきます。

写真


写真:建築士 菅 努

今だけでなく未来まで、お客様の理想の暮らしに寄り添うこと。

建築士 菅 努

住宅展示場は、私たちの設計思想やデザイン力、技術力を示している建物です。まずは展示場をご覧いただきたいですし、北洲オーナー様のお宅を見学しながら、住み心地についても訊いてほしいです。そうしてお客様の価値観と、私たちの思想とを、共有させていただくことが家づくりのスタートだと思います。

設計に入る際には、お客様の今の生活を整理し、どのような生活レベルの向上をお考えかなどを徹底して「聴く」ことを、私たちは心がけます。

この順序が大切で、これがないと、どちらかの一方通行になってしまいます。たとえば、ある間取りをもとに「プランしてほしい」というお客様もいらっしゃいますが、そうして出来あがった建物は、お客様が思い描いていたものとずいぶん違うものになってしまうことがあります。価値観の共有を曖昧にしないこと、それが家づくりのポイントだと思います。

実際にプランを設計する際には、立地条件や工法的な制約、コストなど、物理的な限界もあります。様々な条件を整理し、設計力とクリエイティビティを生かし、ライフスタイルにまで踏み込んだアイディアを工夫します。お客様の望む以上の提案ができて、住んでからも笑顔で暮らしていただけるのが、なによりの喜びです。

お客様にとって10年、20年と長く暮らす場所が、幸せで心地よいものになるよう、ご満足のいく家づくりを提供していきたいと思います。

写真


写真:インテリアコーディネーター 島方 奈緒子

『本当に大切なこと』とは?

インテリアコーディネーター 島方 奈緒子

たとえば、通り抜けできるシューズルーム。
使い勝手が良さそうですが、出入り口が二箇所になる分、
そうでないプランと比べて収納量が減ります。
どちらを選択すべきかは、家族構成や生活習慣によって判断が変わってきます。

SNS でいくら便利と紹介されていても、あなたの暮らしにフィットするとは限りません。
ではどうしたら、自分にぴったりな家創りができるでしょうか。

日々の暮らしや、休日の過ごし方、理想の家族像について
現在だけでなく、未来の自分たちとじっくり向き合うことが重要です。
そして本当に必要なこと、そうでないことを明確にし、
不要なデザインはしないことです。

お話を伺っていると「そんな風に考えていたんだ?!」
といった会話が、パートナー同志でしばしば出てきます。
お互い何となく理解しているつもりでも、食い違うことってありますよね。

私はむしろ、その「新しい発見」が最大のチャンスと考えています。
改めて話し合う機会が無かったらどうでしょう。
隣にいるパートナーが考える子育てや、将来の夢について深く理解出来ず、ギャップを抱えたまま、何となく家創りが進んでしまいます。

会ったことがない他人が、SNS でお薦めする間取りを画像検索する前に、
向き合うことがありそうですね。

違いを尊重したり、譲れない部分は納得するまで話し合う。
このプロセスが重要です。

家創りをきっかけに
大切な家族のこと。人生のこと。
一緒に考えてみませんか。

写真

まずは、お気軽にご相談ください。

まずは色々な商品や、施工実例をご覧になってみませんか?

カタログを無料でお送りいたします。ぜひ下記よりご請求ください。

資料請求はこちら