電気を賢く活用する住まい

電気を賢く活用する住まい スマートエナジーハウス仕様

電気を賢く活用する住まい スマートエナジーハウス仕様

北洲のスマートエナジーハウス仕様は、普段は再生可能エネルギーを有効活用し、災害時でも電気を使用して安全・安心な暮らしが出来る住宅仕様です。※1

普段は太陽光発電システム(PV)と蓄電池(BT)に全館空調を組み合わせることにより、暖冷房に必要なエネルギーの一部を自家消費し、光熱費削減に貢献することができます。※2


災害時でも家全体に電気を供給することが可能です。
200Vの電気製品を使用することができるため全館空調(エアロテック)も稼働させることができます。
災害時に使用する家電は必要最小限として消費電力を抑えることで、停電後も自家消費が可能な範囲で空調しながら、冷蔵庫やテレビ、スマートフォンの充電が可能です。※3



※1:東北電力ソーラーeチャージ株式会社のあおぞらチャージサービスの契約が必要です。

※2:B仕様の場合です。B仕様は家全体(設備全部)で蓄電池の電力を使用することが可能です。

※3:B仕様の場合です。

スマートエナジーハウスB仕様

スマートエナジーハウス B仕様 イメージ

蓄エネの重要性

今、蓄電池が注目されています。

その理由としては、太陽光発電の売電価格は年々下落しており、太陽光発電を搭載して売電する経済的なメリットは減少しているということがあります。
また、災害時でも太陽光発電や蓄電池により最小限の生活が行えることは、近年、住宅に求める性能として関心が高まっています。

蓄電池はまだ高価な設備ではありますが、あおぞらチャージサービスの契約などでイニシャルコストを抑えた導入が可能となっています。

北洲のスマートエナジーハウス仕様

災害時には設定した一部の設備が使用出来るA仕様と、災害時でも家全体に電気を供給出来るB仕様の2種類があります。

生活スタイルや非常時の考え方によって、2つのプランからお選びいただけます。


スマートエナジーハウス仕様

● A仕様は、災害時、電気が使用できるパニック・ルームを設定することで停電後も電気が使えて安心です。5.6kWhの蓄電池で冷蔵庫やテレビ、照明が使えるだけでなく、携帯電話の充電、ルーター、扇風機、100Vのエアコンも使用することができます。


● B仕様は、災害時、家全体に電気を供給することが可能です。200Vの電気製品を使用することができるため全館空調(エアロテック)も稼働させることができます。
災害時に使用する家電は必要最小限として消費電力を抑えることで、停電後も自家消費が可能な範囲で空調しながら、冷蔵庫やテレビ、スマートフォンの充電が可能です。


将来EV6kW充電対応(H2V)

将来、EV充電することを想定して配管の準備をしておきます。
新築時に事前配管を設けることで、実際に設置する際の電気工事の負担が軽減されます。

A仕様を詳しく見る

日中、電気を多く使う方、
緊急時最小限の部屋だけで良い方へ


スマートエナジーハウスA仕様

スマートエナジーハウス A仕様 イメージ

5.6kW蓄電池で使用可能な設備 5.6kW蓄電池で使用可能な設備

災害時でも電気が使用できるパニック・ルームを設定することで停電後も電気が使えて安心です。
5.6kWhの蓄電池で冷蔵庫やテレビ、照明が使えるだけでなく、携帯電話の充電、ルーター、扇風機、100Vのエアコンも使用することができます。※1

■AI制御

前日にHEMS(AiSEG2)が天気予報を確認し、実施できると判断した場合は夜間のエコキュートの沸き上げ量やEVへの充電量を減らして、翌日の太陽光発電による沸き上げ・充電を行います。
また、台風や大雨警報など気象警報と連動して、停電に備えて蓄電池へ充電を優先します。



注1.最大出力2kWのため、ドライヤーなどの高出力の電化製品を複数使用することはできません。
注2.調理等火気を使用する場合は、窓開け換気をしながらカセット式コンロ等での代用をお勧めいたします。
※1.計算条件:初期満充電時、太陽光発電システムが発生していない場合。
本計算は蓄電池が購入当初のものであり、使用における経年劣化等は考慮しておりません。停電時に使用できる機器の消費電力や動作時間については、各製品カタログ値などを基に参考例を表示しており、動作を保証するものではありません。本計算には太陽光の発電量は考慮しておりませんが、日中、太陽光が十分に発電しており、蓄電池を満充電にすることができれば、長期間の停電でも電気を供給することができます。


B仕様を詳しく見る

日中不在がちで、夜に電気を多く使う方、
緊急時もできるだけ日常通り暮らしたい方へ


スマートエナジーハウスB仕様

スマートエナジーハウス B仕様 イメージ

10.24kW蓄電池で使用可能な設備 10.24kW蓄電池で使用可能な設備

災害時でも家全体に電気を供給することが可能です。
200Vの電気製品を使用することができるため全館空調(エアロテック)も稼働させることができます。
災害時に使用する家電は必要最小限として消費電力を抑えることで、停電後も自家消費が可能な範囲で空調しながら、冷蔵庫やテレビ、スマートフォンの充電が可能です。※1

■全館空調「エアロテック」

「エアロテック」は空気を清浄しながら、24時間換気します。
高性能除塵フィルターは、新鮮な外気と一緒に入り込んでくる微小な粉塵も含めて10ミクロンまでの大きさなら97%カットできるので常にクリーンで新鮮な空気だけが室内に取り込まれます。
また、一般的な全館空調は、部屋ごとの温度調整ができないため、一人ひとりが心地よく過ごせる温度に設定できず、ストレスの原因となってしまいます。
エアロテックは、部屋ごとに温度を設定できるので、ご家族皆様がいつでも快適に過ごすことができます。



注1.最大出力3kWのため、ドライヤーなどの高出力の電化製品を複数使用する際は出力値に注意が必要です。
※1.計算条件:初期満充電時、太陽光発電システムが発生していない場合。
本計算は蓄電池が購入当初のものであり、使用における経年劣化等は考慮しておりません。停電時に使用できる機器の消費電力や動作時間については、各製品カタログ値などを基に参考例を表示しており、動作を保証するものではありません。本計算には太陽光の発電量は考慮しておりませんが、日中、太陽光が十分に発電しており、蓄電池を満充電にすることができれば、長期間の停電でも電気を供給することができます。

スマートエネジーハウス仕様 お問合せフォーム

下記のフォームからお問合せいただけます。

必要事項をご入力の上、「個人情報の取扱に関する同意」をご確認・同意いただき、「下記個人情報取扱に同意して送信」ボタンをクリックしてください。

「*」印のある項目は必須項目です。

個人情報の取扱に関する同意

お申込の前に必ず下記の注意事項をご確認ください