樹脂サッシ(トリプルシャノンウィンド)

樹脂サッシ(トリプルシャノンウィンド)

快適な暮らしは、窓しだいで大きく変わります。

最高クラスの断熱住宅に、陽の光を取り込む優れた日射熱取得率、そして開放感のあるクリアな視界。
日差し降り注ぐ、明るくあたたかなお部屋を、家族のために。
窓の理想を追求したエクセルシャノンの寒冷地向け新仕様のシャノンウィンドが、心地よい毎日をお届けします。

国内最高クラスの断熱性能

断熱効果を高めるためガラス間の空気層を広く取り、この空気層に熱伝導率の低いアルゴンガスを封入。
またウォームエッジスペーサーを採用し、ガラス端部の結露を抑制。

※性能値は、JIS A2102-1、-2及びJIS A4710に基づく試験値を一般的数値として示したものであり、性能を保証するものではありません。
・縦すべり出し窓(開き+FIX)スマートシリーズ(W:1,690×H:1,370) LowE3-Ar15-FL3-Ar15-LowE3 アルゴンガス入り)
※性能値は、窓種、サイズ、仕様、ガラスメーカー、ガラス構成等によって異なります。

太陽の光を取り込む、明るくあたたかい室内

高い断熱性能に加え、優れた日射取得率・可視光透過率を実現。陽の光をしっかりと室内に取り入れ、太陽のあたたかさ、明るさを感じ取ることができます。
日射時間の限られた寒冷地域などに適した窓ガラスです。

※上記性能値はJIS R3106(日射熱取得率・可視光透過率・紫外線カット率)に基づく計算値を一般的数値として示したものであり、製品の性能を保証するものではありません。
※ガラスの性能値は、ガラスメーカー、ガラス構成等によって異なります。

今までの常識を覆すハイクオリティな断熱ガラス

ESクリア(日射熱取得強化タイプ)

これまでの断熱ガラスは、断熱性能を高めると日射熱取得や可視光透過率が低下してしまい、どちらかを諦めざるをえませんでした。
次世代ガラスは、こうした課題を解決。優れた断熱性能と日射熱取得率・可視光透過率を両立し、高性能な家づくりを新たなステージへ導きます。

高透過なLow-Eガラスを採用

Low-Eガラスには、ショーウィンドや展示ケースのような透明感のある高透過ガラスを採用。
一般的な窓ガラスに用いられるフロートガラスの鉄分による青みを克服しました。優れた断熱性を確保しながらクリアな視界を実現します。

断熱と日射熱取得を両立

ESクリアは低い熱貫流率、高い日射熱取得を実現。従来の高断熱タイプ(グリーン/ブロンズ)、日射取得タイプ(クリア/CVDクリア)の長所を兼ね備えています。


開き窓系は「トリプルシャノンⅡs(ガラス厚31㎜)、引違い窓系はトリプルシャノンⅡx(ガラス厚31㎜)となります。