ハウジングパーク郡山南住宅展示場⑤ 建築化外構

2018年12月14日

戸建住宅の良さは何といっても庭があるという事ではないでしょうか。

 

自分専用の庭は自由に使えます。
ガーデニングやハーブガーデン、バーベキューやビニールプール、天気の良い日には軒下で食事をしたり…。
又デッキを造り室内空間を広げる事もできます。しかし人眼が気になったりする事で結局はカーテンを閉め、リビングと庭は分断されてしまいます。

 

郡山展示場では屋根を伸ばし、袖壁を造り、木製表しの柱をたてる等で中と外の緩衝空間をつくり、外部からの視線をやわらげるようにしています。

 

ハウジングパーク郡山南展示場庭

 

境界沿いに目隠しとなる塀を設ければだいぶプライベートは確保されるので、カーテンを開け、中と外は一体となり自由な庭を愉しむ生活が出来るようになるのではないでしょうか。

 


「ハウジングパーク郡山南住宅展示場⑥ コミュニケーションを誘発する場」へ
「ハウジングパーク郡山南住宅展示場④ 12寸勾配の屋根」へ