花のある暮らし

コラム

野薔薇の実とダリア

白磁の古い花瓶に、野薔薇の実の枝を一輪。

赤い実と美しい曲線が、白い壁に映えて室内を演出します。一輪の花や枝を活ける場合は、その枝振りや花、実の付き方を良く見て。ひと枝がさらりと空間に佇むように。

口の狭い花瓶に不安定な枝を活けたい時には、剣山の代わりに細かい石を入れると安定します。

一種類だけで活ける。支えとなる葉物などを入れずに花だけで活けるのは案外難しいですが、存在感のあるダリアを一種類で活けるとより存在感が増しダイニングテーブルが華やかに。

心動く一輪から活けてみます。

そして、ガラスの花器に活ける時には、すべて綺麗に洗ってから。水が綺麗で美しく仕上がります。

MUGUET (ミュゲ) / フローリスト

幼い頃より花好きな母の影響で花に触れる機会が多く育つ。現在は畑作り、里山歩きなどで自然に生えている植物や木々の観察を楽しむ。2010年より本格的にフローリストとして活動。四季を五感で感じる提案を表現している。

「いい家だなぁ」建ててから29年経っても毎日、思う

家とエクステリア

家が建つ土地の中には、様子は似ていても、ひとつとして同じ敷地はありません。

ですから、その敷地と家の間取り、そして住む人の暮らしに見合う最大限の敷地活用法「エクステリアプラン」が必要です。

敷地を上から見た設計図を作成すると、頭の中で描いている新居と敷地のイメージがより具体的になります。リビングの窓枠が切り取る景色はどんな風に見えるのか、メインツリーはどこに植えようか、春と秋に咲く花々はどの辺に植えよう、メインで植えるつるバラのつるはどう巻き込もうか、実のなるロシアンオリーブは何処がいいかな・・・花植物の配列を含めた平面設計をすることで、想像していた風景が鮮明になり、住宅設計をより充実させてくれます。

佐藤 信 / エクステリアプランナー

北洲ハウジングショールーム他、数多くの外構を手がける。エクステリアを通じて、ご家族の夢のサポート。

フラワーベース

草花を活ける専用の場所を設けることで人生がかわる。なんて少し大げさに聞こえるかもしれませんが、ふとした所に植物があると、暮らしが丁寧に営まれるように感じます。

あらゆる目線から愉しめるカウンターや、日当良好な窓辺などに器を並べて活けてみると、豊かな表情が愉しめます。場所を集約することで、水替えがまとめてできるので、メンテナンスが苦手な方ほどお勧めです。均等に、不揃いにと器の並べ方や、デザインを選んでみるのも愉しいものです。また、数本だけ活ければ花だけではなく花器の存在も感じられます。

立派なアレンジができなくても、庭に咲いた季節の花や、ハーブを摘んで、そっと挿す。それだけで穏やかで、やさしい時間が流れます。暮らしに花を。人生に潤いを。

島方 奈緒子 / インテリアコーディネーター

北洲ハウジングのモデルハウスにて、自然素材とともにスローに、自分らしく暮らすためのインテリアを提案。お客様宅も多数手掛け、ご要望に応じて家具や雑貨のしつらえも行っている。

セミナー概要

内容

日程 2018年1月27日(土) 【終了】
場所 中山展示場
時間 ①10:00~  ②14:00~
(約2時間) 各回10名
対象 家づくりを考えている・これから考えたい方。各回先着10名様
講師 セミナー 島方、佐藤、加藤
ワークショップ MUGUET(ミュゲ)

スケジュール

10:00 (14:00) 受付
10:05~10:30
(14:05~14:30)
島方インテリアコーディネーター:
花のある暮らし インテリア編 室内の彩り方など
10:30~11:00
(14:30~15:00)
エクステリア 佐藤・加藤:
花と共に暮らす お庭編 庭づくりのポイントなど
11:00~
(15:00~)
ワークショップ:MUGUET(ミュゲ)
11:30~
(15:30~)
お茶&軽食
フリータイム質疑応答など