北洲ハウジング60周年記念

お知らせ

オーナーズサイト/ハロウィン

2018年10月01日

 

10月31日に行われる「ハロウィン」。

日本でも定着し、10月に入るとかぼちゃやお化けがデザインされたハロウィンアイテムが街や庭に飾られるようになりましたが、ハロウィンの由来はご存知ですか?

ハロウィンは、古代ケルト人が10月31日に行っていた収穫祭が始まりと言われています。

当時は、収穫祭の終わりには暗い冬の季節が始まり、死者の霊がこの世に戻ってきて、魔女や悪霊が悪さをすると信じられていました。そのため、当時の人は「魔除け」として仮装し、悪霊や魔物の仲間だと思わせ追い払っていたとされています。

最近は宗教的な意味合いより、ちいさなお子様から大人まで家族で楽しめる明るいイベントとして親しまれるようになってきました。

 

 

ハロウィンといえば、かぼちゃに顔模様を施したジャック・オー・ランタン!

かぼちゃの中身をくりぬいて作るのが一般的ですが、マスキングテープやマジックを使えばお子様も簡単に自分だけのジャック・オー・ランタンが作れます。

インパクト重視なら大きいサイズを一つ、ポップにしたい場合はサイズ違いでたくさん並べてみるなど、飾り方も楽しみ方がたくさん!

ジャック・オー・ランタンは少し可愛すぎる・・・という方は、かぼちゃそのままの形で飾ってみてはいかがでしょう。色も白やグリーンなど落ち着いた色を選べば、シックな大人のハロウィンアレンジに。飾りすぎずアクセントとして取り入れるのがコツですよ。

 

これからますます深まる秋。いつもと違った雰囲気で楽しんでみてはいかがでしょうか。