お知らせ

オーナーズサイト/エアコンの試運転をしましょう!

2019年06月23日

梅雨が明け、本格的な夏がきたら大活躍のエアコン。

でも、暑い日に動かしてみたら調子が悪くて困った!なんてことになったら大変です。そうならないために、今のうちにエアコンの試運転をしましょう!

 

エアコンは使っていなかったオフシーズン直後に100%の負荷をかけて運転をすると、思わぬ不具合が発生し、故障につながってしまう場合があります。夏本番をむかえる前の外気温度が比較的低い時期の冷房運転はエアコン内部に負荷がかかりにくく、製品にも環境にもやさしいので、今の時期の試運転が特におすすめです。

 

 

シーズン前のエアコン試運転方法

STEP.

まず、「エアコン」のブレーカーが「入」になっているか、プラグがきちんと差し込まれているか確認しましょう。

運転モードを「冷房」にして、温度を最低温度(16~18℃)に設定し、スイッチを入れます。本体の電源が入らない場合時は、リモコンの電池切れの可能性もあるので交換をしてみてください。

最初は冷風を送る準備のため、風が弱く感じられる場合があります。

STEP.

10分程度したら、冷風がきちんと出ているか、異常を示すランプが点滅していないか確認しましょう。

室外機周辺に、物を置いていると、動作不良や能力低下につながります。
保護カバー等は取り外し、枯葉や植木等の不要物等を取り除きましょう。

STEP.

さらに30分程度(目安)運転し、室内機から水漏れがないかご確認ください。

※念のため、室内機の下に物を置かないようにしてください。

STEP.

異臭や異音がしないかご確認ください。風がにおう場合は、まずエアコンのお手入れをお試しください。

試運転で不具合が発生した場合は、北洲オーナー様専用サポートセンターにお問い合わせください。

その際、エアコンの品番と本体やリモコンに表示されたエラー番号をお伝えいただけるとご案内がスムーズです。

※北洲以外で取り付けたエアコンの場合は、施工店もしくはメーカーへ直接ご相談ください。

 

エアコン取り付けのトラブルに要注意!!

エアコン取付けの際には配管を通すため壁に穴を空ける必要があります。この時、建物の構造に詳しくない業者だと構造体を傷つけてしまう可能性が。それが原因で住まいの強度や気密に不具合が出た場合、住宅保証対象外となってしまいます。エアコンの交換・新設も北洲にご用命ください!

 

暑くなる前にエアコン試運転をするメリット

エアコンを使い始める7月になると、修理、点検、取付工事のお問い合わせが急増します。これは、冷房を使う時期になってはじめて不調に気づく方が多いのも理由の一つのようです。

 

出典:エアコンのお問い合わせ件数(2018年ダイキン調べ)

 

問い合わせが集中すると、修理や交換のご対応に時間がかかりやすくなります。不具合がありましたら早めにご相談ください。

 

約10年を経ったエアコンはメーカー側で修理部品の提供が終了しており、修理ができない場合があります。また、最近のエアコンは旧型に比べかなり電気代を節約できるようになり、さらに健康にも配慮した機能が増えてきています。約10年経ったエアコンに不調が見られたら、買い替えも含めたご検討がおすすめです。

 

 

知って快適!節電ポイント

冷房運転時は、設定温度を1℃上げると約10%の節電の効果が!逆に言えば、設定温度をどんどん下げると電気代はかさむ可能性が。少しの工夫でエアコンの効きを良くすることができるポイントをご紹介します。

 

■PONT.1基本はこまめなフィルター清掃!

エアコンのフィルターは2週間に1度は清掃をしましょう。ホコリは水洗いか掃除機で吸い取り、汚れがひどい場合は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗います。汚れを落とした後は、日陰でよく乾かしてください。

 

■PONT.2設定温度を変えるその前に・・・

暑く感じた場合は、設定温度を下げる前に風量を強くしてみましょう。外気温より暑く感じる部屋は換気をして、室内にこもった熱を逃がしてからエアコンの運転をさせると効率的です。

 

■PONT.3室外機から熱を逃がす!

エアコンの運転中、室内の暖気を外に排出するため、室外機は放熱しています。その周辺に物を置いていると、熱が逃げにくくなり室内の温度も下がりにくくなります。室外機にはカバーをかけず、吹き出し口付近やその周辺には、障害になるものを置かないようにしましょう。

 

暑い室内で我慢して過ごすことは、不快なだけでなく熱中症のリスクも高まってしまいます。安心して夏を迎えるために、ぜひ「エアコンの試運転」を行っていただき、暑い夏を快適に過ごせるよう備えましょう。