お知らせ

オーナーズサイト/ウッドデッキ を綺麗にしてお家時間を楽しもう!

2020年03月30日

 

長期優良住宅とは

 

アクティブに庭を活用できるウッドデッキ。
本物の木ならではの味わいや温もりが感じられるのが最大の利点ですが、自然素材だけに、永く味わいを保つためには木材保護塗料を塗る定期的なメンテナンスが必要です。

外で過ごす時間が気持ちよくなるこれからの季節は、ウッドデッキのメンテナンスに最適!ウッドデッキをきれいにして、お家時間をもっと楽しくしませんか。

 

STEP.1  天気の良い日を選ぶ

お掃除⇒乾燥⇒塗布⇒乾燥⇒二度塗り⇒乾燥の工程を踏みます。しっかりと時間がとれる晴れの日を選びましょう。また、濡れた状態での作業は避けてください。

 

STEP.2  汚れを取り除き、表面をキレイにする

落ち葉、泥、苔などを洗って落とします。こびりついている汚れの場合は高圧洗浄機が効率的です。ただし、圧力を強めすぎると跡が残ってしまうので注意してください。
デッキブラシでこする場合は、木目に沿って。こすりすぎに注意しましょう。

 

STEP.3  完全に乾燥させる

水洗いしたら完全に乾かします。

 

STEP.4  塗料をよく混ぜて、木目に沿って塗る(下塗り)

乾いたらいよいよ塗布作業です!塗料が内部で分離している場合もあるので良く混ぜましょう。
外壁との境目や塗りたくない場所をビニールとマスキングテープで養生します。
刷毛を使って、木目に沿って塗っていきます。
刷毛で塗ったあとに布で余分な塗料を拭き取るとムラを防げます。

 

STEP.5 よく乾燥させたあと、二度目の塗布を(上塗り)

しっかりと完全に自然乾燥させます。STEP.4の工程を繰り返し二度塗りします。
二度塗り後、完全に乾燥したらメンテナンスの完了です!

 

 

ウッドデッキがキレイになったら、何をしましょう♪

ご飯をデッキで食べてみたり、室内ではできないDIYに挑戦するなど、家族の時間がもっと楽しくなること。

青空の下でヨガをしたり、夕暮れの時間をワイン片手に過ごす、癒しの時間・・・

楽しみ方はたくさんあります!ぜひ「我が家のウッドデッキの楽しみ方」をどんどん見つけてください。

 

 

Q&A

Q1  塗料は何を使えばいいの?
⇒現在は「シッケンズ セトールHLSe」または「サドリン クラシック」をお薦めしています。
目安として、2008年ごろまでの新築物件には「シッケンズ セトールHLSe」を、それ以降の物件には「サドリン クラシック」を用いていますので、同じものをご使用になることをお薦めします。

塗料はオーナー様専用ショッピングサイト「北洲オーナーズショップ」でお買い求めいただけます。

 

Q2 前回の塗料が分からない場合など、別の塗料を使っても大丈夫?
⇒はい、大丈夫です。ただしこの場合は、前回の塗料をきちんと落としてからの塗りなおしが必要ですので、STEP2の作業を念入りに行ってください。
また、目立たない所での試し塗りを行った後に塗装してください。

 

Q3 塗装メンテナンスの頻度は?
⇒2~3年に一度が目安です。ただし、日当たりなど場所によって劣化の差が激しいため、色あせが目立つ場合は早めにメンテナンスが必要です。また、床面は雨雪がたまり、靴で歩くため塗装がはがれやすいです。はがれた場合はこまめに塗装しましょう。

 

Q4 カラーを変えたいんだけど・・・
⇒より濃い色への塗り替えは可能です。A2同様、下処理をしっかり行って前回の塗料をきちんと落としてから塗るようにしてください。

 

Q5 腐ってきてしまった・・・
⇒腐食したウッドデッキをそのままにしておくと、シロアリ発生の危険性が高まります。 年数の経過したウッドデッキは、安全面を考慮し新しく作り替える方法をおすすめしておりますが、もう使う予定はないという方には、解体、撤去し、お住まいがシロアリの害にさらされるリスクを回避することをおすすめしています。

 

ご不明点やご相談は北洲クッド・エイジング サポートセンターまでお問い合わせください。