お知らせ

オーナーズサイト/夏こそ給湯器のチェックをしましょう!

2020年07月12日

毎日使う給湯器。夏に向けて、普段に増して使用する機会が増えますが、給湯器のメンテナンスは大丈夫ですか?

 

給湯器の故障の主な原因は、経年劣化による部品の摩耗や基盤の故障が多く、耐用年数はおおよそ10~15年程度といわれていますが、ご家族の人数や使用頻度によって大きく左右されます。

 

不具合があった場合、お問い合わせから交換工事までは数日時間がかかることがあります。その間「お湯なし」の生活にならないためには、「壊れてから、交換」ではなく、「壊れる前に交換」することが重要です。給湯器の交換サインを見逃さないよう、セルフチェックしてみましょう!

 

 

いくつ当てはまりましたか?

1個チェックがついたなら修理、2個以上の場合は交換時期かもしれません!

 

特に10年以上経った給湯器は他の箇所も寿命がきている場合が多く、一旦直ってもまた故障してしまったり、メーカーの部品供給終了のため修理部品が調達出来ず修理が出来ない場合があります。

給湯器が壊れて本当に困るのは寒い時期。秋から冬は給湯器の不具合が増るので、修理・交換のご依頼が急増します。気候があたたかいうちに交換を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ポイント 生活スタイルに合わせた号数選び

号数とは、1分間に出るお湯の量(リットル)を示す単位のこと。 1分間に20リットルお湯を出せれば20号となり、号数が大きいほど一度にたくさんのお湯を使うことができます。

これまでお風呂場やキッチン、洗面所など同時に二か所以上で給湯している時、水圧が弱くなって使いにくい、お湯が安定して出ないと感じたことがあれば、号数のアップがおすすめです。小さい給湯器を無理に使っていると、故障しやすくなります。

反対に、お子様の自立などでお湯の使用人数が減った場合、大きい号数だと能力が無駄になってしまうことがあります。使用人数や生活スタイルなどから最適な号数の給湯器を選びましょう。

 

 

 

 

ポイント 燃料選び

給湯器の燃料はいくつか種類がありますが、最近の主流は高効率給湯器。少ないエネルギーで効率良くお湯を沸かすことができ、環境にもお財布にも優しい給湯器が増えてきています。

地域によっては、高効率給湯器の設置が補助金対象の地域もあります。工事に着手している場合は補助金を申請できなかったり、申請額が予算額に達し次第受付が終了するなどの条件があるので、やはり計画的に交換を検討することが重要です。

石油給湯器からガス給湯器、ガス給湯器からエコキュートへの交換も可能です!

 

 

給湯器を選ぶ際は、キッチンやシャワーの給湯ができれば良いのか、自動お湯はり機能や追い炊き機能をつけたいのか、暖房機能もつけたいのかなど、ライフスタイルに合った機能がある給湯器を吟味したいものですね。

 

たくさんある給湯器。北洲ハウジングでは建物の設備をはじめ構造を理解しているので、お住まいに負担をかけない商品提案と施工をいたします。取り付け後のアフターメンテナンスもしっかり対応させていただきますので、ぜひ安心してお任せください!

 

ご連絡はオーナー様専用フリーダイヤル サポートセンターまでお電話ください。