お知らせ

スマートエナジーハウス仕様を販売開始|東北電力ソーラーeチャージと業務提携

2021年07月27日

太陽光発電・蓄電池×AIによる新しい暮らしを提案 スマートエナジーハウス仕様を販売開始

 

 

太陽光発電・蓄電池×AIによる新しい暮らしを提案

スマートエナジーハウス仕様を販売開始

東北電力ソーラーeチャージ株式会社と初の業務提携

 


 

北洲ハウジングでは、東北電力ソーラーeチャージ株式会社(本社:宮城県仙台市、取締役社長:伊藤篤)が提供する「あおぞらチャージサービス」に最適化したスマートエナジーハウス仕様の販売を開始いたします(販売エリアは岩手・宮城・福島・栃木・埼玉の5県となります)。

※2021/11/18より栃木・埼玉での販売を開始しました。

 


 

「あおぞらチャージサービス」は、初期費用をかけずに、月額のサービス料金のみで太陽光発電・蓄電システムがお使いいただけるサービスで、当社は同サービス初となる業務提携を行ないました。

当社の新築住宅に太陽光発電設備と蓄電池を組み合わせることで、日中に発電した電気のうち昼間使わなかった分を貯めておき夜間に消費できるため、クリーンな電気を最大限に活用できます。

また、発電した電気をできるだけ自家消費するために、AIと連携し、天気予報と連動しながら日中に給湯器の湯沸かしを行なうことができます(※)。
さらに、全館空調の連続運転によるエネルギー負荷を自家発電により軽減できます。
そのほか、EV(電気自動車)対応を実装化する予定です。

※プランにより対応できない場合があります。

 

あおぞらチャージサービスとは

 


 

プレスリリース