ご自宅でできる簡単メンテナンス

玄関ドアのお手入れを

住まいの顔である玄関ドア。手入れの行き届いた美しいドアでお客様をお迎えしませんか?
ドアにも今年1年間の感謝を込めて、簡単なお手入れをしてあげましょう。木製ドアの本来の美しさを保つためには、半年~1年に一度、定期的にオイルを塗るのが効果的。適切なケアの方法をおさらいします。

おすすめのオイル

用意するもの

  • メンテナンスオイル(オスモカラーを推奨。0.75Lで10~15回使用可能)+刷毛
  • ゴム手袋
  • スポンジや布きれ(タオル地は毛羽立つのでおすすめしません)+サンドペーパー#180~#200番推奨(必要に応じて)
  • 古新聞(養生や敷物として)

STEP1 ドアの汚れを落とす

ドア表面のホコリやチリ、汚れを、水を含ませたスポンジや布きれで軽くこすり、落とします。こびりついた汚れや、毛羽立ってしまっている場合は、サンドペーパーも使用します(ただし慎重に)。その後、充分に乾燥させます。

STEP2 ドアにオイルを塗る

オスモカラーをよくかき混ぜ、刷毛にとり、木目にすり込むように塗ります。馴染んできたら、さらに布切れで浸透させるように塗りのばします。ムラにならないようにご注意ください。

STEP3 オイルを二回塗る

4~6時間以上あけて、完全に乾いてから、①と同様に2回目を塗布し、乾燥させます。

STEP4 使用後の布きれを捨てる

使用後の布きれは、速やかに水に浸してから捨てます。(発火性があるため)

※カビが生えてしまっている場合や、汚れ、色あせが目立つ場合は①と②の間に、ドア表面のクリーニング作業が必要です。程度がひどい場合は専門業者へ依頼することをおすすめしますが、軽度の場合はご自身でも作業いただけます。

カビが発生していた場合

用意するもの

  • 漂白剤か汚れ落とし剤(オスモ社のウッドリバイバージェル(手で触れても安全な植物由来オスモ社の酸性ジェル))をおすすめします。
  • シダブラシやタワシ等
  • 養生テープ
  1. ハンドルや鍵等金属部分を養生テープで養生します。木部を充分に水でぬらし、オスモウッドリバイバージェルを木目に沿って塗布。
  2. 約20分後、ブラシやタワシ等でこすり、完全に水で洗い流します。
  3. 完全に乾燥するまで2日間以上放置してから、オスモカラー塗装の作業に移ります。

築27年 玄関ドアのイメージチェンジに挑戦したI様