2020年05月28日

皆様こんにちは。

この度はお施主様のご厚意により、さいたま市見沼区の建築現場の日記を作成させていただけることとなりました。

今回の現場はこちらです!まだ木も植わっている状態ですね。ここからどのように工事が進んでゆくのかご紹介させていただきます。

今回は土地探しからお手伝いさせていただきました。

無事に土地契約も済まされ、建築地は売主様によって整地されて、隣地との境界にはブロックが施工されました。
事前に建物の配置などを相談し、駐車スペースを作る為に写真の手前部分は土を取ってもらいました。

こちらが、今回のお住まいのイメージCGパースです!!

大きな赤い三角屋根が目を引くアルザスシリーズの建物となります。
木製の手すりを配したバルコニーがポイントです!

頬杖のついたポーチ柱の脇を抜け、アプローチ階段をのぼっていくのを想像するとワクワクしてきます!

地面にロープが張られているのがおわかりになりますでしょうか。

地縄張りといって、建物の配置を表しています。
隣地との距離を測り、しっかりと建物の配置を計画します。
隣地との境界線から建物までの距離は法律でも定められているので、地味ですがとても大切な工程です。

その後に行われた地鎮祭は、それまで数日続いていた雨が嘘のような青空の元で行うことができました!

いよいよ着工!の前に、今回はもう一つ大切な工程があります。

『地盤改良工事』です。
事前に行った「スウェーデン式サウンディング試験」という地盤調査により、今回は地盤の改良が必要であると判定されました。

やわらかい地面の上では、地震の揺れはもちろん、建物の自重で不同沈下して、建物が傾いてしまうことも考えられます。
建物を十分に支えてくれる地層まで杭を入れて、建物が沈下してしまうようなことがないように支えます。

今回はハイスピード工法という自然石を埋める地盤改良を行っています。

写真のところどころに丸く石が埋められているのがおわかりになりますか?
これは表面だけでなく固い層に到達するところまで石を埋め込んでいます。
天然素材のみを使っているので、産業廃棄物も作らず地球にも優しい改良工事です!

これで準備は整いました。次回からいよいよ基礎着工となります!

2020年06月11日

皆様こんにちは。

さいたま市見沼区のけんちく日記の2回目となります。

今回からいよいよ基礎のスタートです。
お住まいをしっかり支える足元の工事です。

写真をご覧いただくと、木の板が建てられているのがおわかりいただけますでしょうか。
これは『遣り方(やりかた)』というものです。

先ほどの『遣り方』には、よく見ると糸が結ばれています。
『水糸(みずいと)』と呼ばれるものです。

これらは基礎の「位置」や「水平」を正確に表すために行う作業です。

なにやら地面が一部掘られていますね。
これは『根切り(ねぎり)』という作業が行われた後です。

北洲では『ベタ基礎』を採用していますが、ベタ基礎は地面の上にポンと基礎が乗っているわけではありません。一部は地中に埋められています。
こうしないと地震などの大きな水平力がかかった時に基礎ごと家が動いてしまいます。

その後、砕石を敷いて水平に締め固めて写真のようになります。

地中からの湿気を防ぐ『防湿シート』を施工して、『捨てコンクリート』を打設します。

捨てコンクリート略して「捨てコン」は建物の強度には直接関係ありませんが、基礎底面が平らになり、中心を確認する『墨だし』を正確に行えます。

ご覧のように複雑に鉄筋を組む上で、施工面が真っ平で、中心が正しく把握できることは重要です。

「捨てコン」と呼ばれてはいますが、良い基礎工事を行うためにとても大切なものです。

配筋が完成しました!

写真は「配筋検査」の様子です。図面を手に検査員さんが細かくチェックを行っていきます。
検査はもちろん合格です!
これからコンクリートの打設が始まります!