2018年04月13日

これからhalukaの建築が始まります。
ゆったりとした住宅地で陽当りもよさそうです。

完成予想図はこちらになります!
haluka cute はすっきりとした大屋根のデザインです。
遠くから見ても目印になるような可愛い外観ですね♩
ちなみにこの「haluka」はWEBでお客様にピッタリなタイプが診断できるようになっております。ぜひ、お試しください!
https://www.hokushu.net/haluka/

こちらは先日行われました地鎮祭の様子です。
神様に工事の無事と、家の繁栄をお祈りします。お供え物をし、祝詞をあげ、お払いをして浄め、施主が初めてその土地に鍬(くわ)や鋤(すき)を入れます。
ご家族にとっては、いよいよこれから家を建てる実感が湧くことと思います。

フェンスを設置し、いよいよ工事開始です!

こちらは土を掘り、砕石をいれたところです。
穴のように見える部分は後々「人通口」といわれる部分になります。メンテナンス等をする際に、人が通るスペースを確保するためのものです。

配筋工事が終わった様子です。
型枠を組み、1回目のコンクリートを流していきます。
まだまだイメージは湧きませんが、これからどんどん形になっていきます。どうぞ、お楽しみに!

2018年05月31日

けんちく日記をご覧のみなさま、こんにちは。
本日は、2回目の更新です。

今回はフレーミング~断熱~屋根工事を紹介します!

当社工場であらかじめ作成したパネルを、クレーンを使い組み立てていきます。

こちら1階建物内部の様子です。等間隔に構造材が並んでいます。

写真の穴は電気などの配線用に空いています。

窓(サッシ)の取り付けも完了です!
窓からは多くの熱が逃げると言われていますので、窓の性能は非常に大切なものです。

こちらの現場で採用いただきましたのはアルミサッシや、複合サッシと比べ、熱貫流率(※)が小さい樹脂サッシになります!
窓がつくと建物のイメージが湧いてきますね♩

※熱貫流率=熱の伝わりやすさを示す数値で、小さいほど断熱性能が高い。

断熱材を入れた様子です。
高性能グラスウールをパンパンになるまで詰め込み、気密シートを張ってあります。

天井に見えますのは遮音用で入れている断熱材です。2階の音を軽減する目的で使用しています。断熱材にもさまざまな使い方があるのですね!

屋根材には陶器瓦を使用しています。土から作られる美しい陶器瓦。外観寿命も長く、メンテナンス費用も軽減されます。

軒先のほうに黒くメッシュ状に見えますのは雪止めです。屋根材と積雪の間に金網を取り付ける事により摩擦をつくり、落雪を軽減してくれます。

さて、次はいよいよ完成です!お楽しみに♩