北洲ハウジング60周年記念

お知らせ

オーナーズサイト/『ガス給湯器』の冬の凍結防止をしましょう!

2017年12月01日

ガス給湯器には「貯湯式給湯器」と「瞬間式給湯器」の2種類があります。

これからの季節、どちらも極端に気温が低い(−15度以下)日や、−15度以上の気温でも風の強い日には、給水・給湯の配管の水が凍結することがあります。

特に北側、それ以外の方角でも給湯器や配管に強く風が当たっている場合は気をつけましょう。

 

【ガス給湯器の凍結防止対策】

■給湯器の電源プラグが抜けていないか確認しましょう!

ガス給湯器には、自動的に機器内を保温する凍結予防ヒーターが付いています。

気温が0℃近くになると自動的にヒーターのスイッチが入り保温するため、電源プラグがコンセントに差し込まれているかを確認してください。

数日間家を留守にする場合も、給湯器につながっているブレーカーだけは落とさないようにしてください。

 

■浴槽の残り湯を循環口より5㎝以上ある状態にし、外気温を感知して自動的にポンプ運転を行えるようにしましょう。

 

■給湯栓から水を出しましょう。リモコンの運転スイッチを切り(ない場合はガス栓を閉める)、浴槽に排水栓をして、1分間に約400mlの水を浴槽に流してください。

 

■長期間ガス給湯器を使用しない場合は、凍結防止のために給湯器本体の水抜きをします。

 

【ガス給湯器が凍結してしまった場合の対処法や注意点】

■給湯器のリモコンを「切る」にして、電気温水器などの場合と同様、お昼になって気温が上昇し自然解凍するまで待ちます。

 

■給湯栓から水が出るようになっても、給湯器や配管から水漏れがしていないかよく確認してから使用しましょう。

 

※機器・モデルにより使用・注意点が異なる場合があります。詳しくは取り扱い説明書をご確認下さい。

 

給湯器周辺の保温材が経年劣化により痛んでいたり、破損している場合は凍結の可能性が高まります。

修理・交換などご希望の場合や、ご不安なことがありましたら、サポートセンターへご連絡ください。

セルフメンテナンスでトラブルを予防し、快適な冬生活を実現しましょう!