シアターリビング、ガーデンビューキッチン・・・南国リゾートライクな住まいで愛猫と暮らす

街を一望できる小高い丘の上にある瀟洒な住宅街。歩みを進めると、青空に映えるバーニングレッドの大屋根の家が目に飛びんできます。

床面積 194.71㎡
工法 2×6
所在地 栃木県
施工年 2016

【青空×赤い屋根】 海をこよなく愛されるご夫妻。時間を見つけてはよく沖縄へ、ハワイへ旅をされる。”バーニングレッド”-、首里城、沖縄のイメージがそう。大好きなあの光景を豊かに再現されました。

【ダイナミックな吹き抜けのシアターリビング】 ソファで映画を観るのが至福の時間というご主人。リモコンのスイッチを押すと、ダイナミックなスクリーンが静かに下りてきます。サイズは100インチ。天井から音が降ってくるシネコンのあの感覚を自宅で満喫できるサウンド対応のホームシアターを実現されました。

【暮らしのメインステージとなるリビング】 勾配天井の吹抜けを囲むように2階にL字のホールを設けた開放感あふれる大空間。

【猫フレンドリーなアイディアも】 吹抜けのスペースにスピーカーを設置するのは難しいですが、化粧梁を設置することで夢を可能にしました。「それなら梁で猫も遊べたらおもしろそうだ!」-。そんな発想の中から生まれたキャットウォークです。

【階段下のキャットルーム】 リビング階段の下には専用のキャットルームも設け、2匹の愛猫にとってもフレンドリーな空間が出来上がりました。

【薪ストーブ】 「冬になると気持ちよさそうに(猫が)そこら辺でゴロンとしているんよねぇ・・・」。そう言ってご主人が指差すのは薪ストーブ。ぱきぱき弾ける薪の音をBGMに、平和な顔して居眠りする愛猫の様子は、想像しただけでほっこり癒されます。

【見事なガーデンビューを一層引き立てる木製窓】 フリーダムな暮らしを楽しむアイランドキッチン~ダイニングスペース。そこは季節を感じるガーデンビュー。ヨーロッパ生まれの木製窓が緩やかに内と外をつなげ、絵になる空間を作り出しています。

【暮らしに寄り添う琉球インテリア】 客間として利用する和室もまた沖縄をテーマにしたもの。床は琉球畳、海底をイメージしたコバルトブルーのクロス×間接照明、琉球王国の象徴であった龍モチーフの吊り押入の唐紙・・・。沖縄音楽に欠かせない三線(サンシン)、クジラを象った木製のオブジェに心が安らぎます。