海を近くに感じる家

家族の集まるリビングからも、2階の寝室からも海が見える、海を近くに感じる住まいです。

床面積 166.78㎡
工法 2×6
所在地 宮城県
施工年 2019

リビングの大きな窓から海が見えるという、最高のロケーション。いつでもカーテンを開けて眺めていたい景色が広がります。

普段はダイニングで過ごすことの多いというご夫妻。オープンな間取りなので、いつでも家族の気配を感じることができます。

奥様お気に入りの対面キッチン。配膳カウンターが一段高くなっているのでダイニングからシンクまわりが隠れます。バックヤードもあるので、収納力も抜群。

2階の寝室。こちらからも海が見渡せます。

寝室から続くウォークインクローゼット。勾配天井部分も有効利用しています。

2階ホールにも本棚、洗面コーナーを設置しました。

ウッディな小窓と、壁に反射する光がロマンチックです。

玄関前。和室の格子戸や、バーボンオークの床、ホワイトアッシュの建具など、玄関に足を踏み入れた瞬間に木のぬくもりを感じることができます。

こちらの和室には、船大工さんが作った神棚が入る予定とのことです。

ツートンカラーの北洲らしい大屋根の住まい。

築33年の北洲ハウジングに住まわれていたご夫妻。2回目の家づくりも、北洲にご用命いただきました!