いつでも、どこにいても存在を感じられる 家族への愛、あふれる住まい

以前は分譲マンションにお住まいだったSさまご家族。ご夫妻とも庭のある一戸建てで育ったこともあり、「戸建がいいよね」と日頃から、そんな会話をしていたという。いずれは実家に戻るというイメージを持っていたが、「それぞれ、楽しく暮らしていこう!」という親からの提案が“夢のマイホーム”を後押ししてくれた。

床面積 126.13㎡
敷地面積 263.38㎡
工法 2×6(ツーバイシックス)工法
所在地 宮城県
施工年 2019年

木のぬくもり、リビング階段、吹抜け…
友人の家で見たあの日の光景を
20年以上の時を経て、カタチに

北洲との出逢いは、20年以上前にさかのぼる。「リビング階段なんて、初めて目にしたんだと思うんですよねぇ…」、小学校の友人の家に遊びに出かけた“あの日のこと”を振り返るご主人。木のぬくもり、吹抜け、書斎…、それまで見たことのない雰囲気が、記憶に色濃く焼き付いていた。高校生になり、建築に興味を抱き始めた頃に、それが北洲の建物であることを知り、「家を建てるなら北洲がいい」、ずっとそう思ってきたという。

ご主人に誘われ、北洲のモデルハウスに出かけた奥様も、ひと目でデザイン性に魅了された。「自然素材をふんだんに使った、暖かみのある空間」はふたりの好きなテイストとぴたり重なった。さらに設備に頼りすぎずに快適に暮らせる性能面も、北洲を選ぶポイントのひとつだった。

収納、動線にこだわるのも、
無駄な時間を使わず、
家族の時間を大切にしたいから

家づくりのキーワードは“家族”。いつでも、どこにいても、家族の存在を感じ、“声が聞こえる”“心がつながる”、そのための工夫やアイデアをそこかしこに盛り込んでいった。海がお好きなご家族を象徴するかのように、白を基調とした明るく開放的な“自分たちらしさ”を投影した空間が広がる。北洲のあらゆるモデルハウスを見学し、イメージを具現化させる下敷きにしていった。

吹抜けのリビングを中心に、ぐるりと回遊できる間取りは、1階にいても、2階にいても、どこにいてもまさに家族の気配を感じられる空間だ。中でも特にお気に入りなのがキッチン。タイル張りの床、無垢の扉、ステンレスのカウンタートップと異素材ミックスのデザインが印象的。大容量のパントリーは壁紙のセレクトで華やぎをプラス。お子さんが成長したら、一緒に立って作業ができるゆったりとした広さも嬉しい。

家族との時間を大切にしたかったからこそ、動線や収納にもこだわったSさま。いわゆる時短だ。奥様は整理収納アドバイザーの資格をお持ちになる “収納のプロ”。「使うものを使う場所に置く」という考え方も、「無駄な時間を使わない」、つまりは「家族との時間」が中心にあるからだ。帰宅した後の行動フローを想定して設けられた収納のカタチと量、“いま”はもちろんお子さんの成長やライフスタイルが変化しても、心地よく過ごせるプランニングなど、暮らし方を、生き方を俯瞰でとらえている、そんな気がする。

対面式キッチンに向かい合うダイニングには、南国の樹木“モンキーポッド”のダイニングテーブルが燦々と降り注ぐ陽射しを浴びて、ご機嫌な表情を浮かべている。キッチンから望む、ウッドデッキで遊ぶお子さんの笑顔、その向こうに広がるヤシの木のある庭の表情は、「家を建てて良かった」「こんな暮らしがしたかった」、そう思える愛おしい暮らしのワンシーンだ。