二世帯がのびのびと暮らす、平屋の住まい

自然豊かな郊外に佇む、北洲の平屋の住まい。
親世帯はもともと住宅地にある持ち家に住んでいましたが、密集しながら生活するより、のんびりとした田舎暮らしがしたいと郊外を選択。子世帯も、自然の中でのびのびと子育てをしたいと、郊外の平屋住まいを計画。緑あふれる環境の中で、二世代それぞれの暮らしがスタートしました。

床面積 184.28㎡
敷地面積 591.49㎡
工法 2×6(ツーバイシックス)工法
所在地 宮城県
施工年 2020年

左右それぞれの玄関ドア。
向かって右側が親世帯、左側に子世帯が暮らします。 駐車場から玄関まで親側はアプローチを短く、子世帯は玄関までのアプローチを愉しむよう長く工夫されています。

ご主人の親世帯のリビング。キッチン~リビング~庭までが一直線でつながり、天井高と相まって広々と明るい空間に。

子世帯の玄関。帰ってきてすぐに手洗いができるよう、洗面コーナーを設置。 タイルの腰壁やリビングとつながるブルーグレーのドアがアクセントに。

子世帯のリビング。
親子ともに天井を高くして広がりを持たせたい、2階への移動がいらない、庭を見ながら過ごしたい、という思いから平屋を選択されたそう。
敷地の広い郊外ならではの住まいに仕上がりました。

周りに住宅がないので、南側の窓を大きくとりました。 とっても明るく、窓からの眺望を愉しめる住まいに。

愛犬と、3匹の愛猫とともに暮らす住まいは、猫がストレスなく自由に上下運動できるようにキャットウォークを設置しました。しかも、単にキャットウォークとして終わるのではなく、間接照明としても有効利用しています!

廊下は極限まで無くした間取り。玄関やキッチンは別々ですが、お風呂と洗面脱衣室は共有に。完全に分けるのではなく、共有できる部分を検討し、間取りの使い勝手と経済性を両立させました。

ウッドデッキや物置小屋、植栽は すべてDIYで! 出来る部分は自分たちでやることで、新築の想い出とともに、思い入れのある庭が完成しました。

照明に照らされ、外まわりの素材の良さが引き立ちます。 庭を近くに感じられる、平屋ならではののびのびとした暮らしがありました。