母国ドイツをお手本にした、子供たちに住み継ぐ家

「あの壁の厚さなら、断熱もしっかりしているはず」北洲のモデルハウスを目にし、そう実感したご主人。ずっと探してきた理想の家。ご主人の故郷、ドイツの家が日本にもあった!

床面積 46.06坪(152.57㎡)
敷地面積 131.09坪(433.38㎡)
工法 2×6(ツーバイシックス)工法
所在地 埼玉県
施工年 2013年

薪ストーブを中心に、家族がつながる仕切りのない空間が広がります。

素足にサラサラと心地良いシャンパンオークの三層フロア。明るい室内に、子どもたちのピアノの音色が響きます。

暖かな炎をながめながら家族が集うことのできる薪ストーブはリビングの主役。

キッチンは吊戸棚は設けず開放的に。ダイニングとの距離感が絶妙。

勾配天井と天窓が配された寝室。ウォークインクローゼットとつながっているので、部屋はいつでもすっきり。