【構造】 ②耐震等級

2018年05月12日

北洲ハウジングの家は、全棟で最大等級の耐震等級3を取得しています。
日本は地震の多い国です。家を建てるときに気がかりなこととして、地震に対してどのくらい耐えられる強度を持つのか、気になる方も多いのではないでしょうか?
 
耐震等級とは簡単に言うと、地震に対する建物の強さを表す等級です。耐震等級は1~3までの3つの等級があり、数値が大きいほど地震に対して強いことを表しています。等級1(建築基準法レベル)を「1」とすると、等級2は「1.25倍」、等級3は「1.5倍」と定められています。等級3を取得するため、基礎や接合部の強化、壁の配置などの検討を行っています。
 

 
住まいづくりの究極の目的は、家族の幸せにあると思います。地震の被害は瞬間的であり、とても大きなものです。住まいを安全に作ることが、幸せを守ることにつながると考えます。
 
下図は熊本地震における等級1(建築基準法レベル)と等級3の被害率です。その差は顕著に現れてます。

 
 
日本で暮らす以上、地震に対しての備えは、してもしすぎることは無いのです。

 


前へ