北洲ハウジング60周年記念

【サステナブル耐震】 ③水平ハンチ

2018年02月16日

多くの建物の基礎は鉄筋コンクリートで造られ、上部の重量を地盤へ伝える重要な役割を担っています。
 
とりわけコーナー部分は不均等な荷重であったり、地震時の負担が集中しやすい箇所です。このような部分を平面的に三角形状とし、断面を増やすことで力をバランスよく分散させることが可能です。北洲では耐震性能向上の一環として制震装置MIRAIEを標準採用しておりますが、それに続きまして前述の水平ハンチを実施する運びとなりました。
 
日本は地震の多い国です。皆さんが安心して住み続けられる住宅を提供したいと思っております。