2018年09月17日

皆さんこんにちは!
日記担当の佐々木です。

宇都宮市下栗町に建築することになった、コンセプト住宅halukaのご紹介です!
画像は完成予想図です。

これから工事の進捗に合せて更新しますので、ぜひ、ご覧になってください!

建築地の写真です。
写真のような建物がこちらに建ちます。

とても楽しみですね!

建築に先立ち、地盤改良を行います。
HySPEED工法による地盤改良で、特徴は大きく以下の3つあります。

①地震時の衝撃に強い!
砕石パイルと原地盤の両方で建物を支えるので安定した強さがあり、地震大国といわれる日本でも安心です。
②液状化現象の対策に有効!
先日の北海道の地震でも取り上げられた液状化現象ですが、地震時の液状化を排水効果(ドレーン効果)により抑制します。
③環境にやさしい!
天然の砕石しか使用しないので、健康被害の心配もなく、将来的にも取り除く必要もありません。
同程度の住宅なら既存のものを繰り返し使用できます。

上記のように、建築後も安心してお住まいいただけます!

ちなみに今回の住宅は建売として販売します。
随時、構造見学会や完成見学会も開催しますので、
ぜひ見学にいらしてください!

周辺の自社土地の販売も好評につき、残り2区画となりました!土地周辺も確認できますので、お気軽にお問い合わせください。

■宇都宮市下栗町 宅地分譲
https://www.hokushuhousing.co.jp/realestate/tochigi/tochigi_shimogurimachi/

次回は基礎工事の様子をお届けいたします。

2018年09月30日

地盤改良が完了しました!

砕石のある位置が地盤を補強した位置です。
工事担当者が地盤を補強する位置を計測にて確認し、基礎の位置、大きさと照合しています。

木の囲いは遣り方です。
基礎の位置、大きさ、高さの基準となるものです。

いよいよ基礎工事が始まりました!

根切り(地面を掘ること)をして、砕石を敷いていくところです。
砕石を敷いた後は砕石を締め固めた後、防湿シートを敷きます。

防湿シートを敷き終え、外枠を組んだら鉄筋を組んでいきます!

鉄筋を組み終えると、建設担当者が基準通り施工されていることを確認し、合格後、1度目のコンクリート打設です。

次回は配筋完了~コンクリート打設をお届けします!
お楽しみに!