2021年02月01日

皆様こんにちは。

この度はお施主様より「是非けんちく日記を!」という大変うれしいお申し出をいただきました。
ありがとうございます。

こちらが今回の建築地となります。
今回はお建て替えとなりますので、まずは解体からスタートします。

二週間ほどかけて大きなお住まいの解体が完了しました。
手前側の芝生は極力残したいというご要望をいただきまして、建物部分だけ綺麗に撤去されました。

着工前にお施主様のご健勝と工事の安全を祈念する地鎮祭を執り行っていただきました。

祝詞(のりと)が奏上されると心が静まり身の引き締まる思いです。

地面のロープは建物が建つ場所を示しています。「地縄張り」というものです。

隣地との境界線から建物までの距離などをしっかり確認し、配置計画通りに建物が建築できるようお施主様にご確認していただく大切な工程です。

見慣れている私たちからすると「大きい建物になるな」と思うのですが、お施主様は「うちってこんなに小さいの?」と感じたそうです。
平面である地縄張りの状態ではボリューム感が伝わりづらく、小さく感じるお客様が多いようです。
工事が進んで形ができてくるとだいぶ印象が変わります。お楽しみに!

工事スタート!

まずは基礎からです。
北洲では『ベタ基礎』を採用しています。
基礎の底面部分を掘りこむ『根切り』を行い、地面からの湿気を抑える『防湿シート』を施工、『捨てコンクリート』というコンクリートを打設して防湿シートを固定するとともに今後の基礎工程の土台を作ります。

実はこの時、建物の中心部分の地面下に地鎮祭で神社より頂いた『鎮めもの』を埋めています。土地の神様を鎮め、工事を無事終えることが出来ることを祈って工事を進めていきます。

外の型枠を組んだ後は、基礎の骨組みとなる鉄筋を組んでいきます。

建物ごとに必要な強度を計算をして、一邸ごと配筋の設計図を作り正確に施工します。
配筋の検査に合格するとコンクリートの打設へと進みます。

基礎の底面部分にコンクリートを流し込み(「打設」といいます)が終わり、養生期間を経てコンクリートが固まると、「立ち上がり」と呼ばれる部分の型枠を組み再度コンクリートを打設します。

再び養生期間を経てコンクリートが完全に固まったら型枠を外して、北洲のベタ基礎の完成です!!

基礎の上から所々に金属のボルトが見えています。
これは基礎と建物を繋いだり、後に制振装置MIRAIEを設置するためのアンカーボルトと呼ばれるものです。
特に長いものはホールダウン金物という建物と基礎をより強固に結びつける為の金物を取り付ける専用のものです。

次回は建物の骨格を作るフレーミングのご紹介です。

2021年03月22日

皆様こんにちは。けんちく日記2回目となります。

建物外周を囲うように足場が組み立てられています。
作業中の職人さんの足場になり、また工事が進むとネットで囲い、工事中の物の飛散を防止します。

いよいよフレーミングの開始です!

パネルはあらかじめ工場で作成されていて、現場ではご覧のようにクレーンで吊り上げ、職人さんが専用の釘で止めていきます。

床・壁・天井が連結され、一体の構造物(モノコック構造)となり外力に耐えるのがツーバイフォー工法です。航空機や鉄道車両、自動車など人の命を預かる乗り物も同様の構造ですね。

フレーミングは、
1階の床→1階の壁→2階の床→2階の壁→天井→屋根と下から順番に組み立てられていきます。

工場ですべてのパーツを作っているので、現場で切ったり貼ったりはありません。
そのため一般的なお住まいより大きなこちらの物件でもおおよそ4日間で建物全体が組みあがります。
工期も早く、現場で材料のロスも出ない合理的でエコな工法です。

フレーミング工事が完了すると、内部は配線の工事となります。

制振装置MIRAIE(ミライエ)も取り付けられます。
MIRAIEは住友ゴム工業株式会社の開発した特殊高減衰ゴムによる制振装置です。

地震の揺れ幅を最大95%低減し、震度7を2回記録した熊本震災でもMIRAIEを装着したお住まいでは半壊・全壊がゼロでした(※住友ゴム工業調べ)。

こちらは24時間換気の設備です。

北洲では「第一種換気」という換気方法を採用しています。
給気も排気も機械を通して行い、冬は暖房、夏は冷房した快適な温度を外に捨てずに換気する優れものです!

配線や配管の工事が完了すると今度は断熱と気密の工事です。

北洲では施工品質を確保するため、断熱と気密は専門の技術を持った業者さんが施工しています。

2枚上の写真と同じ部屋ですが、外壁面にピンク色のグラスウールがしっかりと施工されているのがおわかりいただけますでしょうか。

写真の①のようにグラスウールの施工や気密シートの施工が難しい部分には発泡の断熱材を施工します。壁の厚み以上にしっかり施工されているのがわかります。

また、②のように窓の取り合い部分などは気密が途切れないようにクリアランス部分を発泡の断熱材で埋めた後、気密テープで目張りをしています。

外壁側は「透湿防水シート」というシートが施工されていきます。

壁内から外へ湿気を逃がしますが、雨水などの水滴は壁内に通さないという優れた性能を持つシートです。
雨漏りは屋根からというイメージが強いですが、実は壁からの雨漏りが非常に多いです。
長く安心してお住まいいただけるようしっかり施工します。