2021年02月01日

皆様こんにちは。

この度はお施主様より「是非けんちく日記を!」という大変うれしいお申し出をいただきました。
ありがとうございます。

こちらが今回の建築地となります。
今回はお建て替えとなりますので、まずは解体からスタートします。

二週間ほどかけて大きなお住まいの解体が完了しました。
手前側の芝生は極力残したいというご要望をいただきまして、建物部分だけ綺麗に撤去されました。

着工前にお施主様のご健勝と工事の安全を祈念する地鎮祭を執り行っていただきました。

祝詞(のりと)が奏上されると心が静まり身の引き締まる思いです。

地面のロープは建物が建つ場所を示しています。「地縄張り」というものです。

隣地との境界線から建物までの距離などをしっかり確認し、配置計画通りに建物が建築できるようお施主様にご確認していただく大切な工程です。

見慣れている私たちからすると「大きい建物になるな」と思うのですが、お施主様は「うちってこんなに小さいの?」と感じたそうです。
平面である地縄張りの状態ではボリューム感が伝わりづらく、小さく感じるお客様が多いようです。
工事が進んで形ができてくるとだいぶ印象が変わります。お楽しみに!

工事スタート!

まずは基礎からです。
北洲では『ベタ基礎』を採用しています。
基礎の底面部分を掘りこむ『根切り』を行い、地面からの湿気を抑える『防湿シート』を施工、『捨てコンクリート』というコンクリートを打設して防湿シートを固定するとともに今後の基礎工程の土台を作ります。

実はこの時、建物の中心部分の地面下に地鎮祭で神社より頂いた『鎮めもの』を埋めています。土地の神様を鎮め、工事を無事終えることが出来ることを祈って工事を進めていきます。

外の型枠を組んだ後は、基礎の骨組みとなる鉄筋を組んでいきます。

建物ごとに必要な強度を計算をして、一邸ごと配筋の設計図を作り正確に施工します。
配筋の検査に合格するとコンクリートの打設へと進みます。

基礎の底面部分にコンクリートを流し込み(「打設」といいます)が終わり、養生期間を経てコンクリートが固まると、「立ち上がり」と呼ばれる部分の型枠を組み再度コンクリートを打設します。

再び養生期間を経てコンクリートが完全に固まったら型枠を外して、北洲のベタ基礎の完成です!!

基礎の上から所々に金属のボルトが見えています。
これは基礎と建物を繋いだり、後に制振装置MIRAIEを設置するためのアンカーボルトと呼ばれるものです。
特に長いものはホールダウン金物という建物と基礎をより強固に結びつける為の金物を取り付ける専用のものです。

次回は建物の骨格を作るフレーミングのご紹介です。